モータリスト合同会社が10/9・10に山形で開催されるイベント「バイカーズパラダイス 蔵王ふりふり Week」に出展

掲載日: 2021年09月23日(木) 更新日: 2021年09月21日(火)

モータリスト合同会社はバイクイベント「バイカーズパラダイス 蔵王ふりふり Week」に出展。メイン

ファンティック、ランブレッタ、SYMなどの輸入総販売元であるモータリスト合同会社は、2021年10月9日(土)・10日(日)に蔵王総合グランド(山形県山形市)で開催される東北最大級のバイクイベント「バイカーズパラダイス 蔵王ふりふり Week」へ出展することを発表した。

同社はファンティックなど取り扱い製品の展示試乗会をはじめ、エクストリームイベントのサポートなどを行う予定だ。イベントの詳細については公式サイトを確認しよう。

山形市で開催される東北最大のバイクイベントを応援

ファンティック、ランブレッタ、SYM などの輸入総販売元であるモータリスト合同会社は、社団法人二輪車産業事業推進機構が企画・運営し、山形市(蔵王索道協会)が主催する東北最大のバイカーイベントを応援し、出展する。

モータリスト合同会社はバイクイベント「バイカーズパラダイス 蔵王ふりふり Week」に出展。記事01

開催地である山形市は、東北三大祭りを唯一実施した自治体であり、モータリストでは若い実行力のある首長がバイク業界を応援しよう、と積極的に動くこのイベントの趣旨と、これを支援する観光庁などの姿勢に共鳴し、全面的に協力を行う。

モータリスト合同会社はバイクイベント「バイカーズパラダイス 蔵王ふりふり Week」に出展。記事02

取扱商品の展示、試乗の機会の提供を始め、会場である蔵王温泉スキー場の一角を活用したゲレンデならではのオフロードライディングや雄大な蔵王温泉全景を一望できる「映え」ツアーなど、モータリストが持つノウハウとコンテンツを提供する。競技志向ではない、ゆるく楽しく土の上を楽しむ機会を提供しつつ、ハード志向のユーザーが楽しめるような場所も用意。同時に蔵王周辺の美しい環境を気持ちよく走り、アウトドアならではのオートバイの楽しみ、新しいモーターサイクルライフを参加者とともに楽しめるよう、尽力していく予定。

モータリスト合同会社はバイクイベント「バイカーズパラダイス 蔵王ふりふり Week」に出展。記事03

あわせて、エクストリームライディングのサポートなど、バイクならではの「魅せる」楽しみの提供にも協力する。コンテンツ詳細は別途、SNS などを中心に継続して発信していく予定。まずはこの日、ぜひ蔵王に新鮮な空気を味わいにライダーが集うことを期待している。

■イベント名/バイカーズパラダイス 蔵王ふりふり Week
■開催会場/蔵王総合グランド(山形県山形市蔵王温泉土合708-1)
■開催期間/2021年10月9日(土)・10日(日)
■入場料/Gate Cost(参加費)1,000円(税10%込み、16歳以上)
■主催/山形市(予定)
■開催推進主体/TOC総合研究所、一般社団法人二輪車産業事業推進機構
■企画運営/一般社団法人二輪車産業事業推進機構、株式会社バイカーズパラダイス
■詳細/https://www.bipa.jp/events/

お問い合わせ

モータリスト合同会社
TEL/03-3731-2388

リリース = モータリスト合同会社(2021年9月14日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ