【ハーレー】初代ローライダーを見れるチャンス! 12/1開催の「第28回ヨコハマホットロッドカスタムショー2019」に出展

掲載日: 2019年11月14日(木) 更新日: 2019年11月14日(木)

ハーレーは2019年12月1日(日)にパシフィコ横浜(横浜市西区)で開催される「第28回ヨコハマホットロッドカスタムショー2019」に新旧のローライダーシリーズ3モデルを出展する。

今回登場するのは2020年モデルの「ローライダーS」と、純正パーツなどでカスタムされた2020年モデルの「ローライダー」、ウィリアム・G・ダビッドソンが設計した初代「FXSローライダー」の計3台。当日は同社デザイン部門のブラッド・リチャーズ氏とアパレル・雑貨部門のサリー・リンドレイ氏、2020年モデルの「ローライダーS」をデザインした長尾大介氏によるトークショーも行われる予定だ。なお、入場料は前売券が3,800円(税10%込み)、当日券4,300円(税10%込み)。12歳以下の入場は無料となる。

ハーレーダビッドソンが12月1日(日)のホットロッドカスタムショーに出展 初代「ローライダー」も登場し、米国よりデザイナー陣らも来日

第28回ヨコハマホットロッドカスタムショー2019(於:パシフィコ横浜 主催:MOONEYES)

ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:グレッグ ウィリス)は、12月1日(日)にパシフィコ横浜で開催する第28回 ヨコハマ ホット ロッド カスタム ショー 2019(主催/ムーンオブジャパン株式会社)に出展し、歴代「ローライダー」シリーズ3モデルを展示いたします。

また会場には米国より、ハーレーダビッドソンのスタイル&デザイン部門責任者ブラッド・リチャーズ、アパレルと雑貨部門のジェネラルマネージャーのサリー・リンドレイ、2020年モデルの「ローライダーS」をデザインした”ハーレー唯一の日本人リードデザイナースタイリスト”長尾大介らが来日しトークショー等も行う予定です。

出展概要

ソフテイルフレームにMilwaukee-Eight® 114エンジンを搭載し2020年モデルから復活した「ローライダーS」

伝説のデザイナーWillie G. Davidsonが生み出した1977年モデルの初代「FXSローライダー」

■名称/第28回 ヨコハマ ホット ロッド カスタム ショー 2019(主催/MOONEYES)
■日時/2019年12月1日(日)8:00~17:00
■場所/パシフィコ横浜 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目-1
■チケット/前売3,800円(税10%込み)、当日4,300円(税10%込み)※発売中。なお12歳以下無料。
■来日予定/ブラッド・リチャーズ(スタイル&デザイン部門バイスプレジデント)、サリー・リンドレイ(アパレル・雑貨部門ジェネラルマネージャー)、長尾大介(リードデザイナースタイリスト)ほか
■当社展示内容
(1)2020年モデルの最新「ローライダーS」(写真。デザインは今回来日する長尾大介)
(2)”Low & Long”をコンセプトに純正パーツ&アクセサリで特別カスタムされた2020年モデル「ローライダー」
(3)伝説のデザイナーWillie G. Davidsonが生み出した1977年モデルの初代「FXSローライダー」
・その他/本社スタイリングチーム(ブラッドおよび長尾)による「ローライダーS」開発トーク&プレゼン、アパレル展示ほか
■備考/展示モデルおよび来日メンバーは変更となる場合があります。詳細は公式WEBサイト等でお確かめください。

お問い合わせ

ハーレーダビッドソン カスタマーサービス
TEL/0800-080-8080

ソフテイル FXLRS ローライダーSのカタログページはこちら>>
ソフテイル FXLRS ローライダーSの試乗インプレッション記事はこちら>>

リリース = ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社(2019年11月14日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ