【スズキ】天竜浜名湖鉄道株式会社とタイアップ!「KATANAラッピング列車」が9/15から運行開始

掲載日: 2019年09月06日(金) 更新日: 2019年09月06日(金)

スズキは天竜浜名湖鉄道株式会社とのタイアップ企画により、2019年9月15日(日)から約2年間「KATANA(カタナ)ラッピング列車」を運行する。

「バイクのふるさと浜松」の知名度向上と天浜線の振興を趣旨とするこの列車は、新所原駅から掛川駅までの区間を運行。運行開始当日は、はままつフルーツパーク時之栖(静岡県浜松市)でユーザーイベント「KATANA Meeting 2019」が開催され、天浜線「天竜二俣駅」では出発式が行われる予定だ。また「フルーツパーク駅」では駅名を一日限定で「KATANA(フルーツパーク)駅」に改名。一般利用客にも訴求する狙いだ。

スズキの大型二輪車「KATANA(カタナ)」のラッピング列車が天竜浜名湖鉄道に登場

スズキ株式会社の大型二輪車 新型「KATANA」のラッピング列車が、天竜浜名湖鉄道株式会社とのタイアップにより、2019年9月15日(日)から約2年間、天浜線(新所原駅~掛川駅)を運行する。

新型「KATANA」は、燃料タンクから車体先端まで、シャープで流れるようなひと目で「KATANA」とわかるデザインに、「GSX-R1000」のエンジンをベースとした水冷直列4気筒のパワフルなエンジン、軽量で剛性の高いアルミフレームとアルミスイングアームを採用し、高い基本性能と扱いやすさを両立させた大型二輪車である。

「KATANAラッピング列車」は、新型「KATANA」のプロモーションの一環として企画されたもので、2019年9月15日(日)に「はままつフルーツパーク時之栖(静岡県浜松市)」で行うユーザー向けイベント「KATANA Meeting 2019」に合わせて運行を開始する。「KATANAラッピング列車」はスズキの二輪デザイン部がデザインし、車両全体をカタナの画像でラッピングしている。

イベント当日は、「KATANAラッピング列車」の運行開始を記念して、天浜線「天竜二俣駅」で出発式を行うほか、イベント会場に最寄りの「フルーツパーク駅」を「KATANA(フルーツパーク)駅」に一日改名するなど、イベント参加者だけではなく鉄道利用者にもアピールする。

スズキの二輪車と鉄道のコラボレーションは鳥取県の若桜鉄道で行っており、静岡県では初の試みとなる。話題性の高い「新型KATANA」と地元の鉄道との組み合わせにより、バイクのふるさと浜松の認知向上と天浜線沿線の振興に協力する。

■KATANA Meeting2019 特設サイト/http://www1.suzuki.co.jp/motor/katana-meeting2019/index.html

お問い合わせ

スズキ株式会社
お客様相談室
TEL/0120-402-253

KATANAのカタログページはコチラ>>

リリース = スズキ株式会社(2019年9月6日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ