【東京モーターサイクルショー2019出展速報】サイン・ハウスブース

掲載日: 2019年03月25日(月) 更新日: 2019年03月25日(月)

2019年3月22日(金)~24日(日)の日程で開催された第46回東京モーターサイクルショー。サイン・ハウスブースでは開催初日、タレントのつるの剛士さんへ、同社が輸入するイタリアンスクーター「ランブレッタ V200 Special」を贈呈するイベントが行われた。ブース内にはそのほかにもLED灯火やインカム、スマホなどを固定するマウントシステムなど、バイクライフを便利で豊かにする多彩なアイテムが展示されていた。

贈呈は株式会社バイク王&カンパニーがこの春からランブレッタの新車販売を開始することを記念したもの。同社の常務取締役執行役員 大谷真樹氏より、イメージキャラクターを務めるつるの氏へ、ランブレッタV200 Specialのキーが贈られた。

ランブレッタV200 Specialを前に、ご機嫌なつるの氏。「ランブレッタはすごくおしゃれですね。子供たちを乗せていろいろな場所に走りに行きたいです」と目を輝かせていた。

ブース内にはキャンプシーンを再現した展示も。V200 Specialなら高速にも乗れるため、遊びの幅はグンと広がるはずだ。

サイン・ハウスはLEDバルブの普及に力を入れている。従来型よりも冷却システムを進化させて新登場のREVOのほか、LED RIBBONシリーズが揃って並べられていた。

ブース内にはLED LIBBONを装着したモンキーが展示されていた。写真ではわかりにくいが、明るい会場内でもかなりの光量を放っていた。

ライダーの支持率が高いインカム、B+COMシリーズ。最新モデルの展示はもちろん、アプリによる進化&機能拡張や発売予定の新型モデルも紹介されていた。

堅牢で信頼性が高く、拡張性に優れたサインハウスのマウントシステム。多くのタイプが展示され、自分の好みやマシンに合ったパーツを手に取ることができた。

イタリアの名門サスペンションメーカー、ビチューボ社の製品も展示されており、スーパーバイク世界選手権などサーキットで磨かれた技術と品質を間近で確かめることが可能となっていた。

最近のバイクライフはデジタルデバイスの携行が必須。複数のアイテムを同時に充電できる大容量給電システムは注目の的となっていた。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ