【東京モーターサイクルショー2019出展速報】ピアッジオグループジャパンブース

掲載日: 2019年03月23日(土) 更新日: 2019年03月23日(土)

2019年3月22日(金)〜24日(日)まで開催中の第46回東京モーターサイクルショーに出展を果たしているピアッジオグループジャパン。「モト・グッツィ」、「アプリリア」、「ベスパ」という3つのイタリアンブランドを取り扱う同社であるが、22日(金)の12:25からスタートしたプレスカンファレンスでは、ピアッジオグループジャパン株式会社の代表取締役、ネリ・ミクラウス氏により注目のニューモデルについてのプレゼンテーションが行われた。

個性が際立つ「モト・グッツィ」、「アプリリア」、「ベスパ」を取り扱うピアッジオグループジャパンのブース。

ピアッジオグループジャパン株式会社の代表取締役、ネリ・ミクラウス氏によるプレスカンファレンス。

新しいコンセプトである「クラシックトラベルエンデューロ」を掲げて開発されたモト・グッツィの「V85TT」を日本初公開。エンデューロモデルの走破性とクラシックモデルのデザインを融合させたモト・グッツィの意欲作だ。

排気量を1100ccへ拡大し、最高出力217HPを発揮する新型エンジンを搭載したアプリリアのスーパースポーツ、RSV4 1100Factory。チタン製のアクラポビッチエグゾーストなどハイエンドパーツを多数装備している。

イタリアンアイコン、ベスパが今期よりヨーロッパで販売を予定している電動スクーター、VespaElettrica(エレットリカ)。もちろん日本初公開の車両である。

その他、ピアッジオグループジャパンのブースでは注目モデルが目白押し。皆様、ぜひ!

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ