【東京モーターサイクルショー2019出展速報】スズキブース

掲載日: 2019年03月22日(金) 更新日: 2019年03月22日(金)

2019年3月22日(金)に開幕した第46回東京モーターサイクルショー。スズキブースの注目は何と言っても今回、日本初公開となる新型カタナ。恒例の純正部品「スズキ湯呑み」の販売も行われ、ブースは大盛況だった。

ブースのデザインもカタナを中心にしたもの。昨今ここまで期待されている車両というのも珍しいだろう。

GSX-R1000(K5)をベースとしたユニットを搭載する新型カタナ。ロングストロークによる扱いやすさで評判のユニットだっただけに、その走りにも期待が高まる。

こちらは元祖「GSX1100Sカタナ」。ターゲットデザインによるそのスタイリングは、今もなお多くのライダーを魅了し続けている。

長蛇の列は「カタナの跨り待ち」と「スズキ湯呑」によるもの。スズキ乗りの心をガッチリつかんでいると感じた。

長蛇の列の先には2台の新型カタナ。やはりシルバーが一番人気だろうか。ライダーにも思わず笑顔がこぼれる。

赤いブレンボが映えるブラックのカタナも魅力的だ。新オーナーとなるライダーはシルバーとどちらにするか迷うに違いない。

毎回売切れ必至のスズキ純正部品「2019スズキ湯呑み」は900円(税8%込み)。こういったシャレの効いた演出もスズキの持ち味だ。

最新型の「GSX-R1000R ABS」はスーパースポーツの中でも公道での扱いやすさが光る一台。コストパフォーマンスの高さも魅力だ。

DR-BIGイメージで統一されたV-Stromは1000・650・250が揃い踏み。

MotoGP体験コーナーではエキサイティングな画像をバックにGSX-RRに跨がれる。SNS映えを狙うにも良いスポットだ。

ワークスカラーの衣装が映える彼女達がブースでお待ちしてます!

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ