【ヤマハ】YZF-R25モニターを全国で募集

掲載日: 2014年12月15日(月) 更新日: 2014年12月15日(月)
この記事は 2014年12月15日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = ヤマハ発動機販売株式会社

ヤマハは、2014年12月15日から発売を開始したYZF-R25のモニター募集を発表した。25歳以下を対象に全国から20名を募集する。応募期間は2014年12月25日(木)から2015年1月25日(日)までとなる。

YZF-R25モニター
以下リリースより
2014年12月12日


若者新規需要活性化への取り組みの一環・YZF-R25モニターキャンペーン
『R25でスマートな走りを目指せ!』のご案内
スマートフォンアプリ「スマートライディング(SmartRiding)」とも連動

ヤマハ発動機販売株式会社では、12月15日に国内発売した本格250ccスポーツ「YZF-R25(ワイゼットエフ・アールツーファイブ)」のモニターキャンペーン『R25でスマートな走りを目指せ!』を実施します。本キャンペーンは、25歳以下の方を対象に全国で20名モニターを募集し2ヶ月間モニターとして使用、その間、リアルな声・動画などをモニターさん自身のSNSで発信いただくとともに、YZF-R25スペシャルサイトでも紹介するものです。

当社では「YZF-R25」を、20代の若者や女性を中心とする新規層を獲得し、ステップアップ促進でヤマハファンへとつなげていくためのきっかけモデルととらえています。そこで少しでも多くの二輪エントリー層に「YZF-R25」を知っていただこうと、対象である若者目線から見た「YZF-R25」の特徴や魅力、使い方などを彼ら自身の感覚や言葉で同年代に拡散しようと本キャンペーンを実施します。またモーターサイクルライフを楽しんで欲しいとの想いからスマートな走行を支援するスマートフォンアプリ「スマートライディング」とも連動します。

新たな顧客層の開拓を想定して製品化した125ccオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)125」の導入時に行った9月から11月までのモニターキャンペーンでは、約315,000件(10月末日現在ヤマハ調べ)のインプレッションが投稿表示されるなど、一定の効果を上げています。今回のモニター対象者は、よりSNSを活用する年代であることから同様の効果を期待しています。

YZF-R25モニターキャンペーン『R25でスマートな走りを目指せ!』概要
■募集期間/2014年12月25日(木)~2015年1月25日(日)
■当選発表日/2015年2月5日(木)※当選者には直接連絡
■モニター期間/2015年2月25日(水)~4月25日(土)
■応募方法/YZF-R25スペシャルサイトの応募フォームに必要事項を入力
■定員/20名
■応募資格
・2015年1月1日時点で18歳以上25際以下の男女(20歳未満の方は、当選後保護者の同意が必要)
・スマートフォンを所有し「スマートライディングアプリ」が使用できる方
・Twitterのアカウントをお持ちで、モニター期間中、ヤマハからの投稿ミッション3~4回に関する情報発信が可能な方
・「普通二輪免許」もしくは「大型自動二輪免許」の保有者
・ご自宅もしくは駐車場等で駐車スペースを確保できる方
※モニターの方には5月以降に開催のサーキット試乗会へ招待

※詳細は変更になる可能性もあります。最新情報はYZF-R25スペシャルサイトをご参照ください。本キャンペーンに関する情報は2014年12月25日に公開予定です。
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/yzf-r25/special/

関連記事

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ