ウィック・ビジュアル・ビューロウから「GRAND PRIX 1991 総集編(新価格版)」が3/24に発売!

掲載日: 2022年03月07日(月) 更新日: 2022年03月07日(月)
カテゴリー: 書籍・DVD  タグ: ,  

ウィック・ビジュアル・ビューロウから「GRAND PRIX 1991 総集編(新価格版)」が発売! メイン

ウィック・ビジュアル・ビューロウから、1991年に開催されたロードレース世界選手権を収録したDVD「GRAND PRIX 1991 総集編(新価格版)」が2022年3月24日(木)にリリースされる。価格は2,530円(税10%込み)となる。

ケビン・シュワンツとウェイン・レイニーの戦いが続く中、新鋭ミック・ドゥーハンが頭角を現し始めた1991年のGPは、ジョン・コシンスキーも加わりいよいよ世代交代を迎える。ポイント制の変更によりドゥーハンとのポイント差は縮まったものの、レイニーがV2を達成したシーズンとなった。

GRAND PRIX 1991総集編 内容

ドゥーハン、コシンスキーも加わり6強時代へと突入!

ウィック・ビジュアル・ビューロウから「GRAND PRIX 1991 総集編(新価格版)」が発売! 記事1

ケビン・シュワンツ、ウェイン・レイニーの因縁の対決が続く中、新鋭ミック・ドゥーハンが頭角を現し始める。さらに250ccチャンピオンのジョン・コシンスキーも加わり、GPはいよいよ世代交代を迎える。

開幕戦の日本では、激しいバトルの末、優勝したシュワンツから4位のコシンスキーまでが、コンマ5秒のタイム差という伝説のレースで幕をあけた。15戦中6勝のレイニーに対し、熾烈な争いを繰り広げたシュワンツは5勝、ドゥーハン3勝、コシンスキー1勝という結果。

この年、ミシュランから再びダンロップを履くレイニーは、イタリアでタイヤトラブルに見舞われつつも13回の登壇を果たす。2レースをノーカウントとするポイント制の変更により、ドゥーハンと9ポイントあった差は1ポイントになったものの、レイニーがV2を達成した。
ウィック・ビジュアル・ビューロウから「GRAND PRIX 1991 総集編(新価格版)」が発売! 記事2

GRAND PRIX総集編/新価格版発売記念キャンペーンの実施

毎月発売される「GRAND PRIX総集編」各シーズンDVDケース内にある応募券を
3枚1口としてハガキで応募された方に、もれなく当たるレジェンドライダー・アクリルフィギュアスタンド!全7種(2024年6月まで実施予定)

■製品名/GRAND PRIX 1991 総集編【新価格版】
■先行発売日/2022年3月24日(木)(書店、バイク用品店、メーカー直販)
■価格/2,530円(税10%込み)
■DVD品番/WVD-546
■JANコード/4938966011630
■仕様
・DVD片面1層 本編約100分
・音声:英語/字幕:日本語
・4:3スタンダードサイズ
・ドルビーデジタル
・リージョン2
・カラー

お問い合わせ

株式会社ウィック・ビジュアル・ビューロウ
TEL/0120-19-8195

リリース=株式会社ウィック・ビジュアル・ビューロウ(2022年3月3日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ