オンとオフ、両方とも速いのはいったい誰だ!

掲載日: 2010年02月10日(水) 更新日: 2013年12月12日(木)
カテゴリー: 書籍・DVD  タグ: , ,  
この記事は 2010年2月10日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

執筆= リンドバーグ

そのテイストを活かしたバイクが数多く市販されるようになり、日本でもすっかりメジャーとなった感があるカテゴリ「スーパーモタード」。日本ではMOTO1、海外ではスーパーモトなどと呼ばれ、近年そのレースにも注目が集まっています。

スーパーモタードレースの特徴は、なんと言ってもオンとオフが混在するコースにおいて争そわれるということ。つまり、ハイスピードのロードレース的要素とモトクロスに代表されるオフロードレース的要素を同時に満たさなくては勝利することはできないのです。ターマックのコーナーを激しいドリフトでクリアしたかと思えば、ダートでハイジャンプ。こうしたレーサーたちの派手なアクションが多くのレースファンを魅了しているのです。また、ロードレース出身のライダーとオフロード出身ライダー、そして峠出身のライダーたちによる熱い戦いが観られるのもこのスーパーモタードレースの醍醐味と言えるでしょう。

さて、今回ご紹介するのは、スーパーモトの最高峰FIMスーパーモト世界選手権の2009年オフィシャルシーズンレビュー「Supermoto World Championship Review」です。全8ラウンド、S1とS2の両クラスを絶妙なカメラ・アングルで完全網羅。今季はライバル関係にある Thierry van den BoschとThomas Chareyreが激しい優勝争いを繰り広げ観客を沸かせました。また、巻末には20カ国のライダーが参戦したスーパーモトのオリンピック、 Supermoto Nationsも収録され、なんと3時間を超える大作となっています。スーパーモトの迫力をタップリと楽しみたい方に強くお勧めしたい1枚となっています。

【見どころ・読みどころ】
2009年のスーパーモト世界選手権全8ラウンド、S1とS2の両クラスのハイライト・シーンを絶妙なカメラ・アングルからキャッチ。臨場感溢れる実況中継とあいまって、その迫力は鳥肌モノです。今季は激しい対立関係にあるアプリリアのライダーThierry van den Boschと同郷のハスクバーナを駆るThomas Chareyreの二人が激しいデッドヒートを繰り広げます。また、最新タイヤとワイドリムホイールのコンビネーションが可能とする二輪ドリフトや過激なクラッシュまで、画面から片時も目が離せません。また、巻末には20カ国のライダーが参戦するスーパーモトのオリンピック、Supermoto Nationsも収録されており、スーパーモトを十二分に楽しむことができる作品に仕上がっています。

【DATA】
■タイトル/Supermoto World Championship Review
■発売元/DUKE
■価格/4,620円(税込)
■装丁/DVD1枚組(NTSC)
■収録時間/180分
■言語/英語
このアイテムを購入する

●MotoGP関連アパレルも好評発売中!

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ