【東京モーターサイクルショー2017出展速報】プロトブース

掲載日: 2017年03月24日(金) 更新日: 2017年06月06日(火)
この記事は 2017年3月24日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。
取材・写真・文=バイクブロス・マガジンズ編集部

ロードホッパーやゼロデザインワークスのマシンを手掛けるプロトが2017年3月24日(金)〜26日(日)まで開催している第44回東京モーターサイクルショー2017に出展したブースを速報でレポート。会場では新しいコンセプトのマシンもお披露目された。


来場者で賑わいをみせるプロトブース。

250ccの単気筒エンジンで製作されたゼロエンジニアリングのコンセプトモデル。

S&S社のナックル、パン、ショベルのニューエンジンを搭載した新しい中古車モデル。

スタンダードなスタイルのロードホッパー Type9 EVO。

ゼロデザインワークスのパーツが装着されたEVOソフテイルカスタム。

プロトが取扱う、バンス&ハインズのマフラーやプログレッシブのサスペンションも展示された。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。