バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

バイクブロス通販ブログ

【東京モーターサイクルショー2017出展速報】ヤマハブース

掲載日: 2017年03月24日(金) 更新日: 2017年06月06日(火)
取材・写真・文=バイクブロス・マガジンズ編集部

大阪モーターサイクルショーに引き続き、2017年3月24日(金)~26日(日)まで開催中の第44回東京モーターサイクルショー2017に出展するヤマハのブースでは、注目のMTシリーズをはじめMAXシリーズやトリシティなど現行モデルを多数展示。

今年は「FASTER SONS/ファスター・サンズ」という、モーターサイクルのあるひとつのライフスタイルを掲げ、ブースの前面に専用スペースが設けられた。また、通路を挟んで隣のワイズギアのブースでも、統一感のあるレイアウトで「オーセンティック外装セット」を装着した車両を、ガレージをイメージした壇上に展示。

今年のヤマハは、モーターサイクルのあるライフスタイルを提唱している。


「FASTER SONS/ファスター・サンズ」の特設スペースが真っ先に目に入るヤマハのブース。

壇上に飾られた2台のXSR950。手前がFASTER SONSコンセプトの1台(参考出品車)、奥が「ヘリテージ外装セットRZブラック」をまとった1台。往年のヤマハイメージを思わせる。

すぐ隣のワイズギアのブースでは「オーセンティック外装セット」をまとった車両を展示。

MTシリーズの最上位モデルとなるMT-10と、さらなる進化を遂げた2017年モデルのMT-09が展示。

海外向けのシティコミューターXMAX250(市販予定車・写真左)と、先日発表されたばかりのスポーツコミューターTMAX530(4/7発売予定・写真右)が並べられた。

大阪モーターサイクルショーで初公開。BOLT Cスペックをベースにスクランブラースタイルを強調したSCR950(市販予定車両)。

1985年に初代が登場し、2017年8月で生産終了が発表されたVMAXも展示された。じつに惜しい存在。

実際に跨って車体を起こす体験が可能な「軽さ体感コーナー」も。

「オーセンティック」ステージにイメージガールも登場。彼女がいる間はシャッター音が鳴り続けた。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう