バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

ワールドウォークからNC750X専用設計のスマホマウントバーが登場

掲載日: 2017年12月13日(水) 更新日: 2017年12月13日(水)

リリース = 株式会社ワールドウォーク

ワールドウォークから、ホンダNC750X用スマートフォンマウンティングバーが2017年12月中旬頃に登場予定だ。バークランプ部のパイプサイズは一般的な22.2mm(外径)となっており、デジタルアクセサリーを取り付けるのに最適。またマウンティングバーEXには、スクリーンスライド機構が設けられており、純正スクリーンの取り付けポジションを3段階(可動幅は約40mm)から選べる。

NC750X専用スマートフォンマウンティングバーEX

NC750Xのメーター上にスマートフォンなどの電子機器を装着可能にするマウンティングバーです。取り付け部分のパイプサイズは一般的なハンドルバーと同じ22.2mmを採用しているため汎用性が高く、様々なアクセサリーに対応します。フレームは板厚2mmのスチール素材を採用。荷重のかかるアーム付け根部分にはリブを設けることで、近年増えている大型スマートフォンの取付にも耐える構造になっています。形状の見直しを重ねたことで、軽量且つ堅牢な仕上がりになりました。無加工で取り付け可能なボルトオン設計です。

 

■商品価格(税抜き)/7,300円
適合車種/NC750X(2016-)
■仕様
・取り付け部分サイズ/113mm×径22.2
・材質/スチール、半艶黒塗装
・付属品/取付ボルト、マニュアル
・取り付け時間/0.4h
・日本製
■発売日時/2017年12月中旬予定

・視認性の向上により、快適なライディングを実現
スマートフォン(ナビ)をメーター上というハイマウントなポジションに設置することで、進行方向←→メーター(計器類)←→ナビ間での視線移動を最小限に抑えることが可能に。ミラーマウントやハンドルマウントと比較して視線を深く下ろす必要がなくなるため、より快適なライディングを体感できます。 NC750Xの専用パーツとして一から設計することで車体との親和性が取れたデザインと機能性を両立しました。

・スクリーンの高さを三段階から選択可能に
本商品の特長としてはスクリーンスライド機構が挙げられます。およそ40mmの範囲から3段階のスクリーンポジションが選択でき、体格や季節、ライディングスタイルに合せたセッティングが可能です。

■その他詳細
・取り付けは純正のスクリーンと車体との間に挟むだけ。アーレンキー(六角レンチ)だけで装着が可能です。スクリーン取付面を可能な限り低く設計したことで、エンジンの振動や走行風にも強い高い剛性を実現しました。
・スクリーンの取付部分には4箇所全てにウエルナットを採用しています。スクリーンへの振動を抑えると共に、取り付けにかかる手間も最小限に抑えます。スマートフォンへと延びるステーの付け根部分にはリブ(折り返し)を設けることで、大型のスマートフォンや複数の電子機器を装着した際の振動を最小限にし、良好な視認性と確実な強度を保持します。
・本商品の仕上げには半艶黒塗装を施しています。車体へ取り付けた際、むやみに存在を主張することなく、道具としての質実剛健な雰囲気を醸し出します。そのためスマホホルダーを装着していない状態でも車体との一体感が生まれます。

メーカー詳細はこちら>>

[ お問い合わせ ]
株式会社ワールドウォーク
TEL/03-5878-1918

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう

この記事を読んでいる方におすすめの商品