【リコール】ホンダ ジャイロX 計8,145台

掲載日: 2015年04月14日(火) 更新日: 2015年04月14日(火)
この記事は 2015年4月14日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = 国土交通省

国土交通省では、ホンダが2015年4月14日に届け出たジャイロX計8,145台と、出荷部品計7,959個のリコール情報(3554)を掲載している。

ジャイロX参考画像
以下WEBサイトより
2015年4月14日

■リコール届出番号/3554
■リコール開始日/平成27年4月15日
■届出者の氏名又は名称
本田技研工業株式会社
取締役社長 伊東 孝紳
(問い合せ先:お客様相談センター 0120-086819)
■不具合の部位(部品名)/緩衝装置(フロントピボットアーム)
■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
フロントフォークにおいて、ブッシュホルダ端部の面取り加工及びピボットアームブッシュの表面処理が不適切なため、ブッシュホルダとブッシュ間のグリースが流出すると、フロントピボットアームとブッシュ側面の摺動抵抗が大きくなるものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、右側フロントピボットアームへ過大な応力が加わり折損し、最悪の場合、前輪ブレーキ操作時にフロントブレーキケーブルが引っ張られ、前輪がロックして転倒や走行不能となるおそれがある。
■改善措置の内容/全車両、フロントフォークを対策品に交換するとともに、フロントピボットアームを新品に交換する。なお、改善措置用部品の供給に時間を要することから、当面の暫定措置として、全車両、フロントピボットアームを点検し、作動不良が確認されたものについては、フロントピボットアームを新品に交換し、ピボットアームブッシュにグリースを塗布する。それ以外については、ピボットアームブッシュにグリースを塗布する。
■不具合件数/4件
■事故の有無/軽傷1件、物損1件
■発見の動機/市場からの情報による。
■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
●使用者:ダイレクトメール等で通知する。
●自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
●改善実施済車には、車台番号付近にNo.3554のステッカーを貼付する。

ジャイロX
ジャイロX

>>国土交通省のリコール詳細情報はコチラ

[ お問い合わせ ]
国土交通省
自動車局審査・リコール課
リコール監理室
TEL/03-5253-8111(内線42354)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ