バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

車両情報

イベント情報

バイクブロス通販ブログ

ブランドボイス

【スズキ】 電動スクーター e-Let’s を新発売

掲載日: 2011年12月12日(月) 更新日: 2013年12月11日(水)
この記事は 2011年12月12日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = スズキ株式会社

スズキは、原付1種クラスの電動スクーター「e-Let’s」を2012年1月9日(月・祝)から発売すると発表した。

以下リリースより


スズキ、バッテリーを取り外して家庭で充電できる
電動スクーター「e-Let’s」を新発売

スズキ株式会社は、原付一種スクーターの扱いやすさや使い勝手はそのままに、家庭で充電できる着脱式バッテリーを採用して使い勝手を高めた原付一種の電動スクーター「e-Let’s」を2012年1月9日より発売する。

「e-Let’s」は、エンジンスクーターを利用している方が違和感無く乗り換えられる実用的な電動二輪車の普及を目的とし、低騒音、低振動、排出ガスゼロの原付一種電動スクーターとして開発を進めてきた。

「e-Let’s」は、扱いやすく使い勝手の良さでご好評をいただいている原付一種スクーター「レッツ4バスケット」の車体をベースに、回生充電が可能な高性能インホイールモーターとリチウムイオン電池を組み合わせ、電動スクーターならではの滑らかな加速と軽快な走りに加え、装備重量(専用充電器を除く)を「レッツ4バスケット」に対し2kg軽い車両重量を実現した。

バッテリーの状態を監視するBMU(バッテリーマネジメントユニット)を内蔵したリチウムイオンバッテリーは、車体から取り外して充電できる着脱式を採用し、1回の充電(家庭用100Vで約4時間)で30kmの走行(30km/h定地走行テスト値)を可能とした。
シート下に専用充電器またはスペアバッテリーを収納することが出来るため、お出かけ先で充電する際の利便性を高めており、また、充電済みバッテリーと替えることで走行距離を延ばすことができるなど、使用用途に合わせた活用ができる。
なお、「e-Let’s」はバッテリー1個に専用充電器を装備した基本仕様に加え、スペアバッテリー1個を追加して行動範囲を広げた「e-Let’s W」も設定した。

スズキは、将来のゼロエミッション社会に向けて、「e-Let’s」をはじめとした電気自動車、燃料電池車等の次世代車の開発を進めCO2の削減に努めるとともに、お客様に二輪車の楽しさを提供する。

■販売目標台数(年間)
 「e-Let’s」シリーズ 合計 1,000台

■メーカー希望小売価格(消費税込み)
商品名/メーカー希望小売価格
e-Let’s/312,900円
e-Let’s W/396,900円
※価格には、保険料、税金(除く消費税)、登録等に伴う費用は含まれない。
※1充電走行距離は定められた試験条件のもとでの数値。実際の走行は、この条件(気象・道路・車両運転・整備などの状況)が異なるため、それに応じて走行距離が異なる

■「e-Let’s」の主な特長
日常の使い勝手はそのままに、従来のスクーター感覚で乗れる電動スクーター
 扱いやすく使い勝手の良い「レッツ4バスケット」の車体をベースに電動システムを搭載。
 エンジンスクーターから乗り換えても違和感の無い操作性を実現。
 「レッツ4バスケット」に対し2kg軽い車両重量(装備重量72kg:専用充電器※を除く)。
※専用充電器はe-Let’s、e-Let’s Wに標準装備

バッテリーを取り外して充電できる
 着脱式バッテリーの採用により屋内で充電が可能。
 充電済みのスペアバッテリー※に交換すれば、充電待ちすること無く乗ることができる。
※e-Let’sのスペアバッテリーは販売店取扱いオプション(e-Let’s Wは標準装備)

シート下スペースに専用充電器またはスペアバッテリーが積める

 シート下専用スペースに、専用充電器またはスペアバッテリーの搭載を可能とした※。
 スペアバッテリーを搭載した場合、外出先でバッテリー残量が少なくなっても、充電済みのスペアバッテリーに差し替えることで電池切れの不安を無くし、走行距離を伸ばすことができる。
※スペアバッテリーと専用充電器は同時に搭載できない

一般家庭用AC100V電源から充電できる

 充電は一般家庭用2芯AC100V電源を使用。3芯のアース付コンセントを必要としないため特別な電気工事が不要。
 シート下に収納可能で持ち運びが出来る専用充電器は、充電電流による家庭用配線への負荷を抑えたAC100V/5Aの設定とした。

■「e-Let’s」の主な省電力機能
走行中にスロットルを全閉にすると、モーターが発電機となり減速エネルギーを電力に変えてバッテリーの充電を行う回生充電機能を採用した。
・ スロットルなどを無操作のまま10分経過すると電源がOFFになるオートパワーオフ機能を装備した。
・ 停車時にヘッドライトを減光し、被視認性を確保しつつバッテリーの消費を低減する減光機能付きのヘッドライトを採用した。

■「e-Let’s」の主な装備
・ 取り付け位置が低く荷物の出し入れが容易な、ロール式シャッター付の25Lフロントビッグバスケットを標準装備した。
・ バッテリー残量、パワー・エコモード、速度、ツイントリップ、時計、各種警告などを表示する多機能メーターパネルを採用した。
・ 2Lペットボトル※の収まるフロントインナーラックや、もち手が太いかばんもかけられるかばんホルダーなどを採用した。
・車体色は白(スプラッシュホワイト)の1色とし、車名とともにスズキの環境技術のシンボルである緑の葉をモチーフとした「スズキグリーン」を貼付した。
※最大積載許容重量2.2kg。ペットボトルの種類によっては入らない場合がある。

>>メーカー詳細ページはコチラ

>>スズキ カタログ請求ページはコチラ

[ お問い合わせ ]
スズキ株式会社お客様相談室
TEL/0120-402-253

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう