【大阪モーターサイクルショー2018速報】カワサキブース

掲載日: 2018年03月17日(土) 更新日: 2018年03月17日(土)

2018年3月16日(金)にインテックス大阪で開幕した第34回大阪モーターサイクルショーのカワサキブース速報をお届け。ブースではニンジャH2をベースに充実のツアラー装備を搭載したニンジャH2 SX SEや、新型のサスペンションを採用したZX-10R SE、ニンジャH2にカーボンパーツを装着したニンジャH2カーボンなど新型の大型バイクに注目が集まっていたが、やはり人気筆頭はZ900RSやZ900RSカフェだ。どちらも跨りOKの車両ということもあって、常に人だかりが絶えなかった。また、Z900、Z650、ニンジャ650・400・250の他ベルシス250やエストレヤのファイナルエディションも用意されて、幅広いラインナップが満喫できるブース展開となっていた。ニンジャ1000やZ900RS、ニンジャ250では純正オプション装着車も用意されていたので、現オーナーはしっかりチェックして欲しい。


発売間近のニンジャH2 SX SE。ニンジャH2 SXに対して、このSEはコーナーリングランプなど充実の装備を誇る豪華版だ。


ブース一番人気はやっぱりZ900RSシリーズ。こちらのZ900RSカフェは男女問わず実際に跨って写真を撮る人で溢れかえっていた。


ステージ上に用意されたZ900RSは、大文字エンブレムやセンタースタンド、グラブバー、メッキメーターカバー、ラジエーターガード、グリップヒーターなど純正オプションを盛り込んだデモ車。細部をじっくり観察して欲しい。また、お洒落な純正アパレルにも注目!


カウルなどにカーボンパーツを装着したニンジャH2カーボン。ブースの高い所に展示。


SHOWA製の新開発サスペンションをフロントフォークに採用したZX-10R SE。2017年のミラノショーでお披露目されたモデルだ。


ツーリング派からカスタム派まで幅広い人気を誇るニンジャ1000。現車はラゲッジシステムや各種スライダー、スクリーン、リムストライプなどを装備した純正オプション装着車だ。


ニンジャ400のオプション装着車。スポーティな純正アパレルとのセットアップもしっかりチェックしておきたい。最近のカワサキアパレルはとにかくスタイリッシュ!


ビビッドな色使いが目を引くZ650。あえてこのカラーを選ぶのもアリ!?


新型Z900。最近のカワサキの勢いを象徴するような攻めたデザインはブースでも目立つ存在。


ついに生産終了となるエストレヤ。W3(650RS)で採用されていたマルーンのカラーをオマージュしたファイナルエディションが展示されていた。W系とともに次期モデルはどうなる?


大人気のベルシス250Xは、ストリートにも映えるクールなデジタルカモグラフィックのオプション装着車を展示。意外にもベテランライダーからの注目も高かった。


いつも綺麗なカワサキブースのお姉さん。配布されているパンフレットには現在展開中のキャンペーンも掲載中。Kawaジャンが当たるキャンペーンは絶対にチェックしておこう!

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。