「”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」10/30~11/1に延期決定

掲載日: 2020年04月28日(火) 更新日: 2020年04月28日(火)
カテゴリー: トピックス  タグ: ,  

株式会社モビリティランドは新型コロナウィルスの感染状況などを鑑み、2020年7月16日(木)~19日(日)に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で開催を予定していた「2019-2020 FIM世界耐久選手権第3戦”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」を延期し、「2019-2020 FIM世界耐久選手権シリーズ最終戦”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」として2020年10月30日(金)~11月1日(日)に開催することを決定。併催予定だった「鈴鹿4時間耐久ロードレース」は中止となる。

また、日程変更に伴い、当初2020年10月30日(金)~11月1日(日)に開催が予定されていた「2020 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦第52回MFJグランプリスーパーバイクレースin鈴鹿」は中止となり、ツインリンクもてぎ(栃木県)にて2020年11月14日(土)~15日(日)に開催予定の「2020 MFJ全日本ロードレースシリーズ最終戦スーパーバイクレース in もてぎ」を「第52回MFJグランプリ」として開催する予定だ。
なお、チケットの払い戻しなどの詳細については鈴鹿サーキット公式ホームページを参照して欲しい(※画像は昨年度のものです)。

「”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」の開催延期と「第52回 MFJグランプリ スーパーバイクレースin鈴鹿」の中止について

株式会社モビリティランド(本社:三重県鈴鹿市)は、2020年7月16日(木)~19日(日)に、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)にて開催予定でありました「2019-2020 FIM世界耐久選手権第3戦”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」につきまして、2020年10月30日(金)~11月1日(日)に延期することを決定いたしました。開催日程の変更に伴い、本大会は、「2019-2020 FIM世界耐久選手権シリーズ最終戦”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」として開催される予定です。
国内外における新型コロナウイルスの感染拡大状況や各地域での防止対策などを踏まえ、慎重に検討を重ねて参りましたが、鈴鹿8耐がFIM世界耐久選手権シリーズの一戦であり、かつヨーロッパを中心に海外チームが多数参戦しているという特性を鑑み、開催延期を判断いたしました。

なお、本大会の延期に伴い、併催予定でありました「鈴鹿4時間耐久ロードレース」は開催を中止いたします。

また、当初10月31日(土)~11月1日(日)に予定しておりました「2020 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦第52回MFJグランプリスーパーバイクレースin鈴鹿」の開催につきましては、本年度の開催を中止とさせていただきます。この開催中止に伴い、2020年11月14日(土)~15日(日)に、ツインリンクもてぎにて開催予定の「2020 MFJ全日本ロードレースシリーズ最終戦スーパーバイクレース in もてぎ」を「第52回MFJグランプリ」として開催いたします。

楽しみにされていたファンの皆様および関係者の皆様におかれましては、ご理解くださいますようお願いいたします。既にご購入いただいております各種チケットにつきましては、一部を除き代替開催日程で有効となるほか、払い戻しも承ります。チケットの取り扱い・払い戻しの詳細については、鈴鹿サーキットウェブサイトにてご案内いたします。

なお、延期決定に伴い各種チケット販売は4月30日(木)で一時終了させていただき、再開日時は決定次第ご案内いたします。

株式会社モビリティランド代表取締役社長 田中薫

「[“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース]について、7月の開催を目指して準備を進めておりましたが、欧州諸国での大規模イベントの開催禁止決定や渡航規制の延長が見込まれる状況を受け、開催延期の判断をいたしました。ご来場を楽しみにされていたファンの皆様、関係者の皆様におかれましては、ご理解くださいますようお願いいたします。11月1日に、ファンの皆様・関係者の皆様と一緒に笑顔でスタートの瞬間を迎えられるよう準備を進めてまいります。」

リリース

株式会社モビリティランド(2020年4月27日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ