オフピークを心がけて渋滞緩和にご協力を! NEXCO西日本が年末年始10日間の高速道路渋滞予測を発表

掲載日: 2019年12月07日(土) 更新日: 2019年12月06日(金)
カテゴリー: トピックス  タグ: ,  

NEXCO西日本から2019年12月27日(金)~2020年1月5日(日)の年末年始10日間の渋滞予測が発表された。

下り線では2019年12月28日(土)と2020年1月2日(木)~3日(金)、上りでは2020年1月2日(木)~4日(土)に利用が集中し、10km以上の渋滞が各地で発生すると予測されている。

誰でも渋滞に巻き込まれるのは避けたいもの。可能な限り利用日程をずらすなどして、少しでも安全で快適に利用できるように心がけよう。

NEXCO西日本管内の年末年始期間における高速道路の渋滞予測について

NEXCO西日本は、年末年始期間(2019年12月27日(金)~2020年1月5日(日)の10日間)の管内の高速道路における交通集中による10km以上の渋滞予測をとりまとめました。高速道路をご利用されるお客さまには、渋滞ピークが予測される日や時間帯を前後にずらすなど渋滞を避けたご利用をお願いします。

1.分散利用のお願い

今回の年末年始期間は、2020年1月2日(木)から4日(土)にかけて、特に多くの渋滞が発生すると予測しております。

名神高速道路、九州自動車道では、ピーク時20km以上の渋滞が発生すると予測しています。このほかに、阪神高速3号神戸線から第二神明道路に跨ったピーク時20km以上の渋滞が予測されます。

渋滞のピークを避けるため、出発日時を前後にずらすなどのご利用をお願いします。渋滞予測情報を冊子やウェブサイトで、道路交通情報を「アイハイウェイ 」などで提供しておりますので、高速道路のご利用前にはぜひご活用ください。

安全運転のお願い/交通混雑期には渋滞にかかわる事故も多く発生する傾向にあります。運転の際は、前方に注意し、車間距離を十分に確保するようお願いします。

■アイハイウェイ /https://ihighway.jp/pcsite/

2.渋滞発生の傾向

1.NEXCO西日本管内のピーク時10km以上の日別渋滞回数

2.令和元年度年末年始予測と平成30年度年末年始実績の比較

3.ピーク時20km以上と予測した渋滞

(1)NEXCO西日本管内の渋滞

(2)第二神明道路および阪神高速道路に跨っている渋滞 ※1

※「日別渋滞回数」図中棒グラフに示す渋滞予測回数には含まれておりません。

4.ETC休日割引の適用日について
年末年始期間のETC休日割引の適用日は、2019年12月28日(土)、29日(日)、2020年1月1日(水)~5日(日)です。

※詳細な割引適用条件など通行料金に関する内容は、ETC・割引情報ご確認ください。

■ETC・割引情報/https://www.w-nexco.co.jp/etc/

3.冬の高速道路は雪用心

年末年始は、降雪の可能性があります。気象等の情報を十分確認いただくとともに、いざという時のために、タイヤチェーンを携行していただき、冬用タイヤ(スタッドレスタイヤなど)でのご走行をお願いします。

冬の雪道は滑りやすくなっています。このような路面では『急』の付く運転(急ハンドル、急加速、急ブレーキ)は大変危険です。速度を控えめに、十分な車間距離をとって安全運転を心掛けてください。

「アイハイウェイ」では、「雪道情報」の提供を行っています。最新の雪氷作業情報や主要なインターチェンジの天気情報、短期の降雪予測などご確認できますので、ご活用ください。

4.渋滞情報の提供

渋滞予測情報および道路交通情報は、下記のサイトからご利用いただけます。

1.渋滞予測情報/渋滞の発生箇所、時間帯毎の渋滞長、渋滞ピーク時の時刻などが分かりますので、ご旅行日やご旅行時間の計画にお役立てください。

■渋滞予測ガイド/SA・PAなどで配布

■渋滞予測カレンダー/https://search.w-nexco.co.jp/forecast/

2.道路交通情報(リアルタイム情報)/事故や気象などの影響で渋滞が発生する場合があり、刻々と状況は変化しますので、出発前やご旅行中にぜひご利用ください。

■アイハイウェイ/https://ihighway.jp/pcsite/

5.混雑対策の取り組み

今回の渋滞予測や過去の交通混雑期(ゴールデンウィーク、お盆、年末年始等)の状況を踏まえて、特に激しい混雑を予測している期間に、休憩施設での駐車場整理員の配置、臨時トイレの設置、大型車駐車マスの確保などの混雑対策を実施する予定です。


左から、駐車場整理員の配置、臨時トイレの設置、大型車駐車マスの確保

6.安全運転のお願い

渋滞発生時の死傷事故率は、非渋滞時の30倍以上!
渋滞発生時の死傷事故率は、非渋滞時(渋滞していない時)の30倍以上となります。渋滞の多く発生する交通混雑期は、特に運転に注意が必要です。

死傷事故率:交通量(台)×距離(km)あたりで発生する死傷事故の件数/例)100万台の車両が100km走行した際に、5件の死傷事故が発生した場合、死傷事故率は、 5(件/億台・km)となります。


NEXCO西日本調べ

安全運転を心がけるチェックポイント!
全席シートベルトの着用とこまめな・早めの休憩を心掛けてください。前方に注意し、車間距離を十分に確保して、渋滞末尾や渋滞渦中での追突等にご注意ください。情報板などで渋滞情報の確認をしてください。渋滞後尾ではハザードランプを点灯し、後続車に合図をお願いします。

もし、事故・故障が発生したら……
停車後は、ハザードランプを点灯するとともに発炎筒や停止表示板で後続車に、事故車や故障車の存在を知らせてください。道路上に留まらずに、通行車両に注意しながら速やかに“ガードレールの外”など安全な場所に避難してください。「110番」または「道路緊急ダイヤル#9910」もしくは「非常電話」にて通報してください。※ 運転中の携帯電話の使用は禁止されています。

DRIVE&LOVE - みんなでシャキッ!『ねむけざましストレッチ』
NEXCO西日本では、「愛する人・愛してくれる人を想う気持ち」を原動力に、想いやりの心の輪を拡げることで、みんなでいっしょに交通事故ゼロを目指すプロジェクト“DRIVE&LOVE”を推進しています。DRIVE&LOVEのウェブサイトでは、SA・PAなどで休憩中に手軽にできる「ねむけざましストレッチ」を公開しています。短時間でカラダもアタマもスッキリするために、ぜひ実践してみてください。

■DRIVE&LOVE/https://drive-love.jp

■ねむけざましストレッチ/https://drive-love.jp/special/nemuke.html#stretch

7.渋滞緩和に向けたお願い

お客さまのちょっとした心掛けで渋滞の緩和につながります。ご協力をお願いします。

速度を低下させない!
上り坂など速度低下を注意喚起している場所では、速度回復にご協力をお願いします。


上り坂などの渋滞発生箇所付近において、LED標識で「速度低下注意」や「速度回復願います」を表示

車間距離をつめ過ぎない!
走行中は余計なブレーキを踏まないように十分な車間距離の確保をお願いします。

追越車線に集中しない!
渋滞中における必要以上の車線変更は、更なる渋滞の悪化を招きます。

お問い合わせ

NEXCO西日本お客さまセンター
TEL/0120-924-863

リリース=NEXCO西日本(2019年11月20日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ