【ヤマハ】3年連続受賞の快挙! ヤマハが「EC-05」でドイツの国際的デザイン賞「German Design Award 2020」を受賞

掲載日: 2019年12月04日(水) 更新日: 2019年12月04日(水)
カテゴリー: トピックス  タグ: ,  

ドイツの国際的デザイン賞である「German Design Award 2020」のエクセレントプロダクトデザイン部門・優秀賞「Winner」を、ヤマハ発動機の電動スクーター「EC-05」が受賞した。

「EC-05」は国内未発売ながら、台湾でこの夏発売された電動スクーターで、台湾企業のGogoroの市販車をベースにヤマハがデザインし、ヤマハブランドで発売されている。

ヤマハ発動機としては、2017年の「YZF-R1」、2018年の「XSR900」とスポーツボート「242Limited S」に続く3年連続3度目の「Winner」受賞の快挙となる。

2017年、2018年に続き3度目、国際的デザイン賞「German Design Award 2020」受賞

ヤマハ発動機株式会社の電動スクーター「EC-05」が、このたびドイツのデザイン賞である「German Design Award 2020」のエクセレントプロダクトデザイン部門で優秀賞にあたる「Winner」を受賞しました。

「EC-05」は、ヤマハ発動機とGogoro Inc.(本社:台湾桃園市、CEO:Horace Luke)との協業により開発した電動スクーターです。当社の開発思想に基づき、ライダーと車体との美しい一体感を演出するデザインとしました。モーターの動力がリアタイヤに伝わり、地面を蹴って力強く前進する走りの機能を視覚化し、キャラクターラインを車体の高い位置につくることで、軽快感や運動性能の高さを表現しています。また4種類あるカラーリングのうち、「アイソレートブルー」は本モデルのために開発。その神秘的なブルーは「EC-05」が生み出す新たな体験を予感させます。

「German Design Award」は、既に優れたデザインとして一定の評価を受けている世界各国の作品の中からドイツデザイン協議会が参加作品を推薦し、その推薦を受けて初めて応募できる国際的に権威のあるデザイン賞です。

「Winner」の受賞は、2017年のスーパースポーツモデル「YZF-R1」、2018年のモーターサイクル「XSR900」とスポーツボート「242Limited S」に続き3度目です。

電動スクーター「EC-05」

お問い合わせ

ヤマハ発動機株式会社
TEL/0120-090-819

リリース=ヤマハ発動機株式会社(2019年11月25日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ