【カンナム・東京モーターショー2019速報】見た目からライディングポジションまで自分仕様を提案する3輪モデル

掲載日: 2019年10月24日(木) 更新日: 2019年11月11日(月)

2019年10月24日~11月4日(月)に東京ビッグサイト(東京都江東区)にて「第46回東京モーターショー2019」が開催。一般公開に先駆けてメディア向け公開日にBRPジャパンが取り扱うカンナム(Cam-Am)が展示されているブースを取材したので紹介しよう。

今回展示された車両は2019年3月に販売開始となった「Can-Am Ryker 600」と「Can-Am Ryker Rally Edition」の2台。メーカーの紹介では『3輪モーターサイクル』と表現されているように、3輪だが車のように安定感があり立ちゴケなどの心配がなく、バイクのように風を受けて走行する解放感が共存している。実際に乗るには普通自動車免許が必要だが、楽しみ方はバイクに近い存在だろう。

こちらが展示されているオンロードモデルの「Can-Am Ryker 600」。2気筒のRotax 600 ACE(TM)エンジンを搭載している。Raykerのラインナップには900もあり、こちらには3気筒のRotax 900 ACE(TM)エンジンを搭載する。

こちらがオフロード向けの「Can-Am Ryker Rally Edition」。ハンドガードやラリーシート、強化ホイールなどが標準装備されている。

また、Rayker600、900、 Rally Editionは自分らしくカスタマイズできるのが特徴となっており、カラーパネルやホイールのアクセント、フードパネル、メーターフードなどを自分の好みで選べるようになっている。

このようにパネルを好みの色やグラフィックにすることが可能。着脱も簡単なので、単色のものとグラフィックのものを両方購入し、気分次第で交換するのも手間にならない。

さらにライディングポジションに関しても、工具不要のUFit(TM)システムを採用することによって簡単に自分の好みに調整できる。ハンドルバーは手前から奥へとスライドする。

フットペグも写真のようにかなりのスライド幅があり、ブレーキペダルの角度も調整できる。実際にスライドさせてみたが、工具は全く必要なくすぐに自分のライディングポジションに合わせることができた。

このように見た目からライディングポジションまで、簡単に自分の好みにできるRykerシリーズ。実際に跨って、その魅力を実感してみてはいかがだろうか。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ