バイクパーツの新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」誕生!マフラーなどの予約受付を開始(動画あり)

掲載日: 2022年03月18日(金) 更新日: 2022年03月18日(金)

新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」登場!マフラーなどの予約受付を開始 メイン

株式会社コーケンが、バイクパーツの新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」の立ち上げを発表。製品の予約受付を開始した。また、ブランド初披露の場として2022年3月19日(土)から開催される大阪モーターサイクルショーへの出展も行う。

今回発売されるアイテムは、同社代表であり元レーサーである二宮慎一郎氏が「音」と「スタイル」にこだわって開発したマフラー「EVATEK 真円マフラー(9万3,500円)」「EVATEK 多角マフラー(9万9,000円)」をはじめ、ボディースライダーやサイドスタンドプレートなどがラインナップされている(価格は全て税10%込み)。

コーケンから新ブランド「EVATEK (エヴァテック)マフラー」を予約受付/若者にも受け入れられるネオクラシックを意識した時を越える新スタンダード

コーケン、代表の元レーサー・二宮慎一郎が「EVATEK (エヴァテック)」を立上げ

新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」登場!マフラーなどの予約受付を開始 記事1

株式会社コーケン(本社:神奈川県横浜市/代表取締役:二宮 慎一郎)が新たに展開するブランド「EVATEK(エヴァテック)」は、発表前からYouTubeの公式チャンネルにて制作過程を配信したところ、予測をはるかに上回るお問い合わせを記録した。

初披露は3月19日から開催される大阪モーターサイクルショー。同月25日から開催される東京モーターサイクルショーでも展示。「EVATEK(エヴァテック)」の主宰は元レーサーでもある代表の二宮慎一郎。レースで培われた限界を狙うバランス力、カッコ良さを最優先させ、更にアルマイト技術を用いて個性と存在感のあるカスタムの楽しさを提供。

「EVATEK(エヴァテック)」の発表を記念し、大本山 増上寺(東京都港区)等でプロモーションビデオを撮影。その動画には主宰・二宮慎一郎自身が出演をし、YouTubeで公開3日目で再生回数は18万回を記録。国内外より問合せが寄せられている。

特にこだわったのは「マフラー」、時を超えて空前のバイクブームだったあの頃を感じさせる「マフラー」は、見た目のカッコ良さは勿論、乗りやすさに加え、「音を聞いて酔いしれる」痛快な乗り心地は世代を越えて、若いライダーにとってはかえって新鮮に映り、既にYouTubeを通して支持を得ています。

ブランド立ち上げの想い

近所のオートバイ屋の社長が元有名レーサーで、「カッコいい」と心を掴まれたのが、二宮慎一郎とレースの始まり。車にバイクを積み、サーキットでバイクと一緒に車中泊の繰り返し。レース費用の為にバイトに明け暮れ、高校も辞めた。親に説得され定時制に入学をしたが続かなく、直ぐに退学。その後、通信制へ転校してやっと卒業が出来るほど、バイクが人生そのもののライフスタイル。

レーサー時代はレース用に出来ているバイクをひたすら整備して乗るだけで、カスタムは全く知らなかった。レースを卒業してからカスタムの楽しさを知り、もっとバイクを好きになった。「EVATEK(エヴァテック)」の母体であるコーケンはアルマイト処理ラインを社内で保有し、カラーに拘った物づくりの企業である。

今回の製品開発において、二宮慎一郎は指示を出すだけではなく、ゼロから物づくりに関わり、採寸からCADでの図面制作、素材選びまでを自身で行う。全てを拘りぬいた製品は、元レーサー・二宮慎一郎ならではの感覚を駆使した世界観を表現。これからのライダー達には新鮮で、現役ライダーには何処か懐かしい「ネオクラシック」を意識した製品展開を目指しています。

【ブランド名の由来】
5つのキーワード「Energy エネルギー」、「Value 価値」、「Awake 呼び起こす」、「Technology テクノロジー」、「Enthrall 魅了する」、「Kohken コーケン」から「EVATEK(エヴァテック)」と名付けた。「EVATEK(エヴァテック)」の母体であるコーケンは主にアルマイト処理と、イタリアのブレーキパーツメーカーbremboの日本法人である株式会社ブレンボ・ジャパンの二輪正規代理店も行い、日本のバイクにbremboパーツが正しく安全に取り付けられるためのオリジナルパーツも手掛けている。将来的にはバイクの枠を飛び越え、「カッコいい」を最優先にした総合的なライフスタイルの提供を行っていきます。

商品のご紹介

EVATEK(エヴァテック) マフラー

「カッコいいからつけたい」と言わせる、時代を越えるフォルムに「聞かせてあげたい音」が加わり、乗りやすく身体と耳で体感するライディングに酔いしれます。特にアクセルを戻した時のサウンドが抜群。音量、音質共に常識の限界突破を狙ったJMCA 認定・認証マフラー。何度も音量検査に落ちながらも、チーム一丸となり完成させたマフラー。素材に高質なチタンをボディーだけでなく、ジョイントパイプにも採用。肉薄なパイプが図太い「聞かせてあげたい」サウンドの源になっています。

外観的には「オフセット」、「ポジション」のバランスを追い求め、特にその全てを司る「角度」は一切の妥協も許さなかった。その拘りが絶妙な綺麗なフォルムを生み出し「ネオクラシック」な存在感が個性を演出します。「本当に良い物を納得の価格で届けたい」という、主宰であり、元レーサーでもある二宮慎一郎の想いに寄り添い、具現化されたのがこのEVATEK(エヴァテック)のマフラーです。

■商品名/EVATEK 真円マフラー(2色)
■カラー/ブルー「カラード」、チタンカラー「ソリッド」
■価格/9万3,500円(税10%込み)

■商品名/EVATEK 多角マフラー(2色)
■カラー/ブルーの「カラード」/ チタンカラーの「ソリッド」
■価格/9万9,000円(税10%込み)~
新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」登場!マフラーなどの予約受付を開始 記事2
新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」登場!マフラーなどの予約受付を開始 記事3
新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」登場!マフラーなどの予約受付を開始 記事4

EVATEK Hybrid ボディースライダー

ベース部分はアルミ削り出し+アルマイト処理。アルマイトによる豊富なカラーバリエーションにレーザーマーキングを施すことによりスタイリッシュなデザインを実現。トップ部分は機械的強度や耐摩耗性に優れたプラスチック、POM(ジュラコン)を採用。はめ込みによる異素材を組み合わせるハイブリッド構造とすることで、優れたデザインと高強度を実現。EVATEK(エヴァテック)の母体であるコーケンのカラーアルマイト技術で、選ぶ楽しさを提供しています。

■商品名/EVATEK Hybrid ボディースライダー
■カラー
・スライダートップ(2色)/ブラック、ホワイト
・スライダーベース/標準色
・ホンダ(3色)/ブラック、 シルバー、 レッド
・ヤマハ、スズキ(3色)/ブラック、シルバー、アールズブルー
・カワサキ(3色)/ブラック、シルバー、グリーン
・KTM、ハスクバーナ(4色)/ブラック、シルバー、オレンジ、アールズブルー
■価格/1万3,200円(税10%込み)~
※スライダーベースはオプションで他色のオーダー可能。
■オプション
・カラーアルマイト 標準色を除く全14色(KTM、ハスクバーナは13色)
+3,300円(税10%込み)/ ハードアルマイト 全6色 6,600円(税10%込み)
新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」登場!マフラーなどの予約受付を開始 記事5
新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」登場!マフラーなどの予約受付を開始 記事6
新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」登場!マフラーなどの予約受付を開始 記事7

EVATEK(エヴァテック) Hybrid バーエンドスライダー

ベース部分はアルミ削り出し+アルマイト処理。アルマイトによる豊富なカラーバリエーションにレーザーマーキングを施すことによりスタイリッシュなデザインを実現。トップ部分は機械的強度や耐摩耗性に優れたプラスチック、POM(ジュラコン)を採用。はめ込みによる異素材を組み合わせるハイブリッド構造とすることで優れたデザインと高強度を実現。ノーマルのバーエンドと付け替えるだけの簡単装着が好評。そして、EVATEK(エヴァテック)の母体であるコーケンのカラーアルマイト技術が加わり、個性と存在感を放ちます。

■商品名/EVATEK Hybrid バーエンドスライダー
■カラー
・スライダートップ(2色)ブラック/ ホワイト (WH)
・スライダーベース 標準色
・ホンダ(3色)/ブラック、 シルバー、 レッド
・ヤマハ、スズキ(3色)/ブラック、シルバー、アールズブルー
・カワサキ(3色)/ブラック、シルバー、グリーン
・KTM、ハスクバーナ(4色)/ブラック、シルバー、オレンジ、アールズブルー
■価格/4,950円(税10%込み)
※スライダーベースはオプションで他色のオーダー可能。
■オプション
・カラーアルマイト 標準色を除く全14色(KTM、ハスクバーナは13色)
+1,650円(税10%込み)/ ハードアルマイト 全6色 +3,300円(税10%込み)
新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」登場!マフラーなどの予約受付を開始 記事8
新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」登場!マフラーなどの予約受付を開始 記事9
新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」登場!マフラーなどの予約受付を開始 記事10

EVATEK サイドスタンドプレート

純正のサイドスタンドは底面の面積が小さくて不安定なサイドスタンドプレートが多く、軟弱な路面や真夏のアスファルトではサイドスタンドが地面に埋まってしまい、車体が斜めに寝過ぎたり、不安定になります。大切なバイクを手軽に安定させるだけでなく、サイドスタンドを立て停めていても、カッコ良いのがEVATEK(エヴァテック)サイドスタンドプレート。取り付けはとっても簡単なボルトオン式。そして、EVATEK(エヴァテック)の母体であるコーケンのカラーアルマイト技術のワンポイントはスタイリッシュな印象になります。

■商品名/EVATEK サイドスタンドプレート
■カラー
・ホンダ(3色)/ブラック、 シルバー、 レッド
・ヤマハ、スズキ(3色)/ブラック、シルバー、アールズブルー
・カワサキ(3色)/ブラック、シルバー、グリーン
・KTM ADVENTURE390/250 ’21~(3色)/ブラック、シルバー、オレンジ
・KTM DUKE390/250/125 ALL、ハスクバーナ Svartpilen250/401(4色)
/ブラック、シルバー、オレンジ、アールズブルー
■価格/8,800円(税10%込み)
■オプション
※ベースプレートはオプションで他色のオーダー可能
・カラーアルマイト 標準色を除く全14色(DUKE、Svartpilenは全13色)
+1,650円(税10%込み)/ ハードアルマイト 全6色 +3,300円(税10%込み)
新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」登場!マフラーなどの予約受付を開始 記事11
新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」登場!マフラーなどの予約受付を開始 記事12
新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」登場!マフラーなどの予約受付を開始 記事13

EVATEK フェンダーレスキット

スタイリッシュでシンプルなフォルムにとことん追求したフェンダーレスキット。理想のフォルムを実現させるため、可能な限りワンピース構造での設計に拘りました。曲げ加工技術と高品質アルマイトが自慢のEVATEK(エヴァテック)一押し商品。EVATEK(エヴァテック)の母体であるコーケンのカラーアルマイト技術でカラーオーダをすれば、ご希望のカラーリングが可能です。

■商品名/EVATEK フェンダーレスキット
■カラー/ブラック
■価格/1万3,200円(税10%込み)~
※オプションで他色のオーダー可能
■オプション
・カラーアルマイト ブラックを除く全16色
+3,300円 (税10%込み)/ ハードアルマイト 全6色 +6,600円(税10%込み)
新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」登場!マフラーなどの予約受付を開始 記事14
新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」登場!マフラーなどの予約受付を開始 記事15

EVATEK チタンステー

今までに何度か製品化に挑戦していたチタンステー。コスト面で折り合いがつかず製品化まで辿り着くことが出来なかったチタンステーが今回、EVATEK(エヴァテック)を立上げに集結した仲間達に支えられて遂に完成。チタニウム独特の手曲げが何とも言えない色で、愛車の高級感がさらにグレードアップすること間違いなし。高品質なのにリーズナブルな価格帯での提供が実現し、ユーザーから「これを待っていた」と言われているチタンステーはEVATEK(エヴァテック)主宰、二宮慎一郎の自信作。

■商品名/EVATEK ブレンボマスターシリンダー用タンクキット チタニウム
(タンク・ステー・ホース類のセット)
■価格/9,680円(税10%込み)~(ネイキッド用/フルカウル用)

■商品名/EVATEK ブレンボマスターシリンダー用タンクステー チタニウム
(ステー・ホース類のセット)
■価格/8,580円(税10%込み)~(ネイキッド用/フルカウル用)
新ブランド「EVATEK (エヴァテック)」登場!マフラーなどの予約受付を開始 記事16

■予約開始日/2022年3月17日(木)
■予約方法/EVATEK ホームページより各製品のご予約が可能 https://evatek.jp/

お問い合わせ

株式会社コーケン
TEL/045-511-7333

リリース = 株式会社コーケン(2022年3月17日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ