【ヤマハ】コンパクトになりさらにスポーティ!モデルチェンジされた「TMAX」「TMAX Tech MAX」の 国内導入は2022年夏以降を予定

掲載日: 2021年11月17日(水) 更新日: 2021年11月17日(水)

【ヤマハ】コンパクトになりさらにスポーティ!モデルチェンジされた「TMAX」「TMAX Tech MAX」の 国内導入は2022年夏以降を予定 メイン

2021年11月17日(水)、ヤマハはオートマチックスポーツコミューター「TMAX Tech MAX」と「TMAX」にモデルチェンジを施し、2022年3月に欧州で発売することを発表した。これらの2モデルは11月25日(木)からスタートする「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」に出展が予定されている。

開発コンセプトは「Maximize the Moment」となっており、コンパクトになったスタイリングを筆頭に、スマホとの連携が可能な7インチ高輝度TFTカラーディスプレイや10本スポークの軽量「SPINFORGED WHEEL」などが採用されている。なお国内モデルの発売は2022年の夏以降が予定されている。

「TMAX Tech MAX」「TMAX」をモデルチェンジ

~コネクテッド機能を搭載し、スタイリングを一新したオートマチックスポーツ~

【ヤマハ】コンパクトになりさらにスポーティ!モデルチェンジされた「TMAX」「TMAX Tech MAX」の 国内導入は2022年夏以降を予定 記事1

ヤマハ発動機株式会社は、スポーティな走行性能とオートマチックの利便性を高い次元でバランスさせたオートマチックスポーツコミューター「TMAX Tech MAX」および「TMAX」をモデルチェンジし、2022年3月に欧州で発売します。また、11月25日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」に出展します。なお、2022年夏以降に日本での発売を予定しています。

発売21年目を迎えるロングセラーの「TMAX」2022年モデルは、“Maximize the Moment”をコンセプトに開発しました。新たな特徴は、1)「TMAX」」らしいスポーティさを受け継ぎながら一回りコンパクトになったオールニューのスタイリング、2)スマートフォンと接続し、ツーリングの楽しさを拡張する7インチ高輝度TFTカラーディスプレイ、3)10本スポークの軽量“SPINFORGED WHEEL(スピンフォージドホイール)”と新タイヤの採用、サスペンションセッティング変更による走行性能の向上、4)走行性能に調和させた、新ライディングポジション、5)ボタンプッシュで3段階調整(±15 ㎜)可能なアジャスト式バックレスト、6)当社初の電動タンクキャップなどエルゴノミクスに配慮した新しい機能・装備、7)整数倍音に着目したサウンドチューニング、などです。

【ヤマハ】コンパクトになりさらにスポーティ!モデルチェンジされた「TMAX」「TMAX Tech MAX」の 国内導入は2022年夏以降を予定 記事2

TMAX/REDDISH YELLOW COCKTAIL

【ヤマハ】コンパクトになりさらにスポーティ!モデルチェンジされた「TMAX」「TMAX Tech MAX」の 国内導入は2022年夏以降を予定 記事3

TMAX/MAT DARK GRAY METALLIC

【ヤマハ】コンパクトになりさらにスポーティ!モデルチェンジされた「TMAX」「TMAX Tech MAX」の 国内導入は2022年夏以降を予定 記事4

TMAX/MAT BLUE METALLIC

「TMAX Tech MAX」は、「TMAX」をベースに、クルーズコントロールシステム、電動調整式スクリーン、グリップウォーマー、メインシートヒーター、調整機能付きリアサスペンション、夜間の視認をサポートする光るスイッチ(一部「TMAX」にも採用)を搭載し、快適性を高めた上級モデルです。

【ヤマハ】コンパクトになりさらにスポーティ!モデルチェンジされた「TMAX」「TMAX Tech MAX」の 国内導入は2022年夏以降を予定 記事5

TMAX Tech MAX/MAT DARK BLUISH GRAY METALLIC

【ヤマハ】コンパクトになりさらにスポーティ!モデルチェンジされた「TMAX」「TMAX Tech MAX」の 国内導入は2022年夏以降を予定 記事6

TMAX Tech MAX/PASTEL DARK GRAY

お問い合わせ

ヤマハ発動機株式会社
TEL/0120-090-819

TMAX / TMAX Tech MAXのカタログページはこちら>>
その他ヤマハ製品に関する記事はこちら>>

リリース = ヤマハ発動機株式会社(2021年11月17日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ