【ヤマハ】「TRACER900 GT ABS」「TRACER900 ABS」にスポーティーなイメージの新色登場! 2/25に発売

掲載日: 2020年02月05日(水) 更新日: 2020年02月05日(水)

ヤマハは「TRACER900 GT ABS」「TRACER900 ABS」の新色を2020年2月25日(火)に発売する。「TRACER900 GT ABS(122万1,000円)」には新色として「マットダークグレーメタリック 6」が登場。継続販売となる「ブラックメタリック X」「マットダークパープリッシュブルーメタリック 1」と併せて3色展開となる。

「TRACER900 ABS(113万3,000円)」は「マットダークグレーメタリック 6(新色)」と「マットブルーイッシュグレーメタリック 3(新色)」の2つがラインナップされる(価格全て税10%込み)。

スポーツツーリングモデルの個性やハイパフォーマンスイメージを強調「TRACER900 GT ABS」「TRACER900 ABS」新色を発売

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・4 ストローク・DOHC・直列 3 気筒・4 バルブ・845cm3エンジンを搭載するスポーツツーリングモデル「TRACER900 GT ABS」(※)および「TRACER900 ABS」のカラーリングを変更し、2月25日より発売します。

“マットダークグレー”はマットダークグレーとレッドを組み合わせ、大人の落ち着きとスポーティさを表現しました。”マットグレー”は当社スーパースポーツのフラッグシップモデル「YZF-R1」の2020年モデルとリレーションを図ったマットグレーとブルーをあしらい、上質なスポーツツーリングイメージを更新しました。なお、「TRACER900 GT ABS」の“ブラック”および”マットブルー”は継続して販売します。

「TRACER900 GT ABS」「TRACER900 ABS」は、”Two Sides of the Same Coin/ Sports and Travel”をコンセプトに開発しました。市街地からツーリングまで幅広い用途でスポーティかつ快適な走りを楽しめるモデルで、お客様から支持を得ています。

(※)「TRACER900 GT ABS」は、「TRACER900 ABS」をベースに、フルアジャスタブル式倒立フロントサスペンションやクルーズコントロールシステム、クイック・シフト・システム(QSS)、グリップウォーマーなどを採用し、ツーリングの快適性を向上させた上級モデルです。

「TRACER900 GT ABS」マットダークグレー

■車両名・メーカー希望小売価格
・TRACER900 GT ABS/122万1,000円(税10%込み)
・TRACER900 ABS/113万3,000円(税10%込み)
■カラー・発売日
[TRACER900 GT ABS]
・マットダークグレーメタリック 6(マットダークグレー/新色)/2020年2月25日(火)
・ブラックメタリック X(ブラック)/継続販売
・マットダークパープリッシュブルーメタリック 1(マットブルー)/継続販売
[TRACER900 ABS]
・マットダークグレーメタリック 6(マットダークグレー/新色)/2020年2月25日(火)
・マットブルーイッシュグレーメタリック 3(マットグレー/新色)/2020年2月25日(火)
■販売計画/800台(シリーズ合計/年間、国内)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

「TRACER900 GT ABS」マットダークグレーメタリック 6(マットダークグレー/新色)

「TRACER900 ABS」マットブルーイッシュグレーメタリック 3(マットグレー/新色)

お問い合わせ

ヤマハ発動機株式会社
TEL/0120-090-819

Tracer 900 GT ABS の試乗インプレッション記事はこちら>>
TRACER900/GT・MT-09TRACER のカタログページはこちら>>
その他ヤマハ製品に関する記事はこちら>>

リリース = ヤマハ発動機株式会社(2020年2月5日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ