【EICMA2019】ホンダがクロスオーバースタイルを思わせるコンセプトモデル「CB4X」を出展

掲載日: 2019年11月06日(水) 更新日: 2019年11月06日(水)

ホンダのイギリス現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは現在イタリアで開催中のEICMA 2019(ミラノショー)にコンセプトモデル「CB4X」を出展した。

この車両はローマにあるホンダの研究開発拠点であるHonda R&D Europeによるもので、CBR650Rに採用される水冷直列4気筒エンジンを搭載。アップライトなポジションと大きく前方に張り出したガソリンタンク、アジャスタブルタイプのスクリーンがクロスオーバースタイルのバイクを思い起こさせるスポーツツーリングモデルだ。なおEICMA 2019の日程は2019年11月6日(火)までがプレスデー。一般公開は2019年11月7日(水)~10日(日)までとなる。

EICMA 2019(ミラノショー)にコンセプトモデル「CB4X」を出展

Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州ブラックネル 社長:井上 勝史)は、現地時間2019年11月5日(火)に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

Hondaは、イタリア・ミラノで開催されているEICMA 2019(ミラノショー、プレスデー/11月5日~6日、一般公開/11月7日~10日)で、ヨーロッパ地域の研究開発拠点であるHonda R&D Europe(ローマ)によるコンセプトモデルを出展しています。

CB4X

CB4XはCBR650Rのエンジンを搭載したクロスオーバースタイルを思わせるスポーツツーリングモデルです。燃料タンクが前方に迫り出す一方、フロントカウルと一体となったアジャスタブルスクリーンによって、一体感のあるデザインとなっています。最小限のラインで躍動感のあるデザインを表現し、アルミ製のサブフレームによって、短くシャープなリアデザインを実現しました。

お問い合わせ

本田技研工業株式会社 お客様相談センター
TEL/0120-086-819

リリース = 本田技研工業株式会社(2019年11月5日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ