【ヤマハ】1,300台限定! 原2スクーター「CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition」が9/10に発売予定

掲載日: 2019年07月26日(金) 更新日: 2019年07月26日(金)

ヤマハが原付二種スクーター「CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition」を2019年9月10日(火)に発売する予定だ。

同製品はCYGNUS-Xの特別仕様車となっており、カラーリングはMotoGPマシン「YZR-M1」をモチーフにモンスターエナジーヤマハのグラフィックを再現。音叉エンブレム、前後ブレーキキャリパーのゴールドカラー、イエロースプリングのリアサスペンションを採用している。価格は34万200円(税8%込み)。限定1,300台なので気になるライダーは早めにバイクショップに問い合わせよう。

MotoGP マシン「YZR-M1」のイメージを再現した原付二種スクーター「CYGNUS-X」台数限定モデルを発売
Monster Energy Yamaha MotoGP Edition

ヤマハ発動機株式会社は、空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ・124cm3エンジンを搭載した原付二種スクーター「CYGNUS(シグナス)-X」に、二輪車最高峰のレースMotoGPで活躍するレーシングマシン「YZR-M1」のイメージを再現した「CYGNUS-X」Monster Energy Yamaha MotoGP Edition を設定し、1,300台の台数限定で2019年9月10日(火)より発売します。

「CYGNUS-X」は、精悍なフロントフェイスや導光タイプのLEDテールランプといったスポーティかつ先進的なスタイルに加え、市街地の実用域でパワフルな出力特性を発揮し、優れた走行性を兼ね備えたモデルです。

“Monster Energy Yamaha MotoGP Edition”は、スタンダードモデルをベースに、1)レースを象徴するヤマハレーシングブルーを加えた外装色、2)「YZR-M1」をイメージさせるモンスターエナジーヤマハのグラフィック、3)ゴールドカラーの音叉エンブレム、4)ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー、5)イエロースプリングの専用リアサスペンションなどを採用しました。

なお、本製品の製造は、当社のグループ会社ヤマハモーター台湾で行います。

「CYGNUS-X」 Monster Energy Yamaha MotoGP Edition

■車両名/「CYGNUS-X」Monster Energy Yamaha MotoGP Edition
■カラー/ブラックメタリックX(ブラック)
■発売日/2019年9月10日(火)
■メーカー希望小売価格/34万200円(税8%込み)
■販売計画/1,300台限定(国内)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

「CYGNUS-X」Monster Energy Yamaha MotoGP Edition 主要仕様諸元

(※1)燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態
などの諸条件により異なります。
(※2)定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率です。
(※3)WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

「CYGNUS-X」のフィーチャー ※印は Monster Energy Yamaha MotoGP Editionの特長

お問い合わせ

ヤマハ発動機株式会社
TEL/0120-090-819

シグナスXのカタログページはこちら>>

リリース = ヤマハ発動機株式会社(2019年7月25日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ