【ドゥカティ】限定500台!パニガーレV4のリミテッドエディション「パニガーレV4 25°アニバーサリオ916」が公開

掲載日: 2019年07月16日(火) 更新日: 2019年07月16日(火)

ドゥカティはパニガーレV4のリミテッドエディション「パニガーレV4 25°アニバーサリオ916」を2019年7月12日(金)にペブルビーチ(米・カリフォルニア州)で発表した。

発表会にはドゥカティ・ノースアメリカのCEO、ドゥカティ・ホールディングスのセールスディレクターと並び、スーパーバイク世界選手権を4度制したカール・フォガティ氏が登場。スーパーバイク「916」の誕生25周年を記念し製造されるこの車両は、パニガーレV4 Sをベースにドゥカティコルセ仕様のフロントフレームを採用。鍛造マグネシウムホイールやアクラポヴィッチのチタンエグゾーストを装備するほか、様々なレーシングコンポーネントが奢られる。

同車両は500台の限定生産となるが、この内シリアルナンバー「5」についてはオークションに出品され、その収益は先日パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムで亡くなったカーリー・ダン選手の母親の支援活動のために寄付される予定だ。なお、日本への導入時期や価格については現在のところ未定である。

ドゥカティ・パニガーレV4 25°アニバーサリオ916:スーパーバイクの歴史を変えたモーターサイクルに敬意を表した限定モデル

・ドゥカティは、スーパーバイク・ラインナップの頂点に君臨する、わずか500台限定の特別なリミテッド・エディションを発表
・スーパーバイク世界選手権(SBK)のアメリカ・ラウンドで開催された発表会には、SBKにおける伝説のライダー、“キング”カール・フォガティが参加
・シリアルナンバー#5のバイクはオークションに出品される予定、収益はカーリン・ダン選手の募金活動に寄付
・Aruba.it Racing-Ducatiチームのライダーは、ドゥカティ・パニガーレV4 25°アニバーサリオ916にインスピレーションを得たカラーリングのマシンでラグナ・セカのレースに参戦

2019年7月12日(金)ペブル・ビーチ/ラグナ・セカ(米国カリフォルニア州)

ドゥカティ916が世界デビューを果たしてから、今年で25年が経過しました。マッシモ・タンブリーニのスケッチから生まれたこのモデルは、スーパーバイクの世界を一変させ、モーターサイクル・デザインの世界に革命をもたらし、世界中に数多くの熱狂的なファンを獲得しました。そのスタイル、エレガンス、そして軽量でコンパクトな車体は、きわめて革新的で、過去に生産されたモーターサイクルの中で、もっとも“セクシー”なバイクと評され、アイコン的存在となりました。

ドゥカティ916は、ただ単に美しいバイクというだけでなく、販売面でも大きな成功を収めました。さらに、このモーターサイクルは、スーパーバイク世界選手権(SBK)でも優れた戦歴を残しました。916 SBKは、デビュー・シーズンから、その類まれな戦闘力を発揮し、翌年以降には合計で120のレースで勝利し、8回のコンストラクターズ・タイトルと6回のライダーズ・タイトルを獲得しました。そのうちの4回のライダーズ・タイトルは、イギリス人ライダーのカール・フォガティによるものです。フォガティは、ドゥカティのマシンを駆って55のレースで優勝しましたが、そのうちの43回はドゥカティ916 SBKと996 SBKで勝ち取ったものです。現在でも、916と“キング・カール”は、ドゥカティSBK史上、もっとも成功を収めた“カップル”として知られています。

ドゥカティは、この記念すべき節目の年を祝うため、パニガーレV4の特別な916バージョンを製作することを決定しました。そして今回、916に対するドゥカティスタの情熱を蘇らせる500台限定のスペシャル・エディション、パニガーレV4 25°アニバーサリオ916が誕生しました。

“25°アニバーサリオ916″は、パニガーレV4 Sをベースにして、ドゥカティコルセ仕様のフロント・フレームをはじめとする、パニガーレV4 Rのレーシング・コンポーネントでアップグレードしています。外観の特徴は、鍛造マグネシウム製ホイール、公道走行用の認証を受けたチタニウム製アクラポヴィッチ・エグゾースト、数多くのドゥカティ・パフォーマンス製コンポーネントです。

ドゥカティは、この特別なモデルのワールドプレミアの場として、今週末に米国カリフォルニア州のラグナ・セカで開催されるスーパーバイク世界選手権の第9戦を選択しました。発表会では、フランチェスコ・ミリチア(ドゥカティ・モーターホールディング、VPグローバル・セールス&アフター・セールス・ディレクター)、ジェイソン・チノック(ドゥカティ・ノースアメリカCEO)、そしてカール・フォガティが、パニガーレV4 25°アニバーサリオ916のアンベイルを行いました。

さらに、この発表会では、先月開催されたパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムで命を落としたカリフォルニア州出身のライダー、カーリン・ダン選手の追悼式も行われました。ジェイソン・チノックは、カーリン・ダン選手がレースでつけていたゼッケン5番と同じ、シリアルナンバー5のパニガーレV4 25°アニバーサリオ916を販売から除外する方針を表明しました。このモーターサイクルは、オークションに出品され、その収益は、カーリン・ダン選手の母親を支援するために開設された募金活動に寄付されます。

「現代のモーターサイクル史において、デザインと性能の両面で、916ほどの一つの時代を築き上げたバイクはありませんでした。私は、916誕生25周年を記念して、パニガーレV4の特別なリミテッド・エディションを発表できることを大変誇りに思います」と、フランチェスコ・ミリチアはペブル・ビーチで開催された発表会の席で述べています。「私たちは、この特別なバイクを、“キング”カール・フォガティに発表してもらうことを決定しました。彼以上の適役はいないと思います。このモーターサイクルを、スーパーバイク世界選手権のアメリカ・ラウンドで発表することは、私たちの米国市場に対する特別な思いを強調するものです。モーターサイクル・ファンやコレクターの方々には、パニガーレV4 25°アニバーサリオ916の類まれな価値を認めて頂けると確信しています」

「このイベントに参加することができて、感動しています」と、パニガーレV4 25°アニバーサリオ916に跨ってペブル・ビーチのステージに登場したカール・フォガティは語っています。「ドゥカティ916は、私に素晴らしい、そして忘れることのできない体験を与えてくれました。私と916は、私のレーサーとしてのキャリアの中で、そしてスーパーバイク世界選手権の歴史の中で主役を演じました。モーターサイクルの世界では、916はスタイルとパフォーマンスの面で全く新しい基準を設定しました。このサクセスストーリーにおいて、中心的な役割を果たすことができたことを誇りに思います。また、この素晴らしいモーターサイクルを正式に発表するために、今日この場に参列して、この重要な記念日を祝うことができて大変光栄です」

パニガーレV4 25°アニバーサリオ916は、土曜日の朝からドゥカティ・アイランド(ドゥカティがSBKのアメリカ・ラウンドのために毎年確保しているスペース)で展示されます。さらに、Aruba.it Racing-Ducatiチームのアルバロ・バウティスタとチャズ・デイビスは、パニガーレV4 25°アニバーサリオ916からインスピレーションを得た特別なカラーリングのマシンでレースに参戦します。

お問い合わせ

ドゥカティジャパンお客様窓口
TEL/0120-030-292

パニガーレV4 25°アニバーサリオ916のカタログページはこちら>>

リリース = ドゥカティジャパン株式会社(2019年7月13日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ