【カワサキ】「KLX230」の国内販売を調整中!小型トレールマシンの新風となるか

掲載日: 2019年05月29日(水) 更新日: 2019年05月29日(水)

カワサキモータースジャパンは、先日インドネシアで発表されたばかりのトレールマシン「KLX230」の国内販売に向けて調整中であることを発表した。

現時点で国内仕様の詳細についてはスペック・価格・正式発売日も含め不明だが、インドネシア仕様は233ccのSOHC空冷単気筒を搭載、フロント21インチ・リア18インチのタイヤが装備されていることから、本格的なオフロード走行を想定したものと予想される。現在国内で発売されている人気のトレールバイクと言えば「ヤマハセロー」。「KLX230」が投入されればオフロードシーンの新風となる可能性は高いだろう。

国内販売予定モデルのご案内

株式会社カワサキモータースジャパンでは、下記モデルについて国内販売に向けた調整を行っておりますのでご案内いたします。モデルの詳細につきましては、準備が整い次第、順次ご案内いたします。

国内販売予定モデル

KLX230 ※画像は海外向けモデルです

■国内販売予定/2019年夏以降

お問い合わせ

カワサキモータースジャパン
お客様相談室
TEL/0120-400819

KLX230のカタログページはこちら>>

リリース = 株式会社カワサキモータースジャパン

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ