【ホンダ】原付スクーターのダンクのカラバリ変更と国内生産を発表

掲載日: 2016年02月05日(金) 更新日: 2016年02月05日(金)
この記事は 2016年2月5日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = 本田技研工業株式会社

ホンダは、「eSP」エンジン搭載の原付スクーターであるダンクのカラーバリエーションを変更し、2016年2月19日(金)から発売することを発表した。また、タクト同様に、ダンクも生産がベトナムから日本の熊本製作所に移管される。

DUNK

Dunk/キャンディーブレイズオレンジ(新色)

以下リリースより
2016年1月8日

50ccスクーター「Dunk」のカラーバリエーションを変更し発売

Hondaは、上質感と個性を主張するスタイリングに、力強い出力特性と環境性能に優れた水冷・4ストローク・OHC・単気筒エンジン「eSP(イーエスピー)」※1を搭載した50ccスクーター「Dunk(ダンク)」のカラーバリエーションを変更するとともに、生産をこれまでのベトナムから日本の熊本製作所に移管して2月19日(金)に発売します。

Dunkのカラーリングは、市街地で映えるキャンディーブレイズオレンジをはじめとした新採用の3色と、継続採用の3色を合わせた全6色を設定。プレーンで無駄のない面で構成されたDunkの個性的なスタイリングをより際立たせる豊富なカラーバリエーションで、若者を中心とした幅広い層のお客様の好みに応えられるものとしています。

●Dunkのカラーバリエーション
・キャンディーブレイズオレンジ(新色)
・アトモスフィアブルーメタリック(新色)
・マットギャラクシーブラックメタリック(新色)※2
・マットアーマードグリーンメタリック
・ポセイドンブラックメタリック
・パールジャスミンホワイト

DUNK

Dunk/アトモスフィアブルーメタリック(新色)

DUNK

Dunk/マットギャラクシーブラックメタリック(新色)

※1enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称です
※2マットギャラクシーブラックメタリックはボディーサイドに配したモールの色を変更。車体色は従来と同じです

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)/214,920円
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

DUNK

[ お問い合わせ ]
本田技研工業株式会社
お客様相談センター
TEL/0120-086819

関連記事

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ