【ヤマハ】 インド市場で人気のYZF-R15をモデルチェンジ

掲載日: 2011年09月07日(水) 更新日: 2013年12月11日(水)
この記事は 2011年9月7日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = ヤマハ発動機株式会社

ヤマハは、本格的スーパースポーツとしてインドで販売されているYZF-R15をモデルチェンジし、インド国内で9月下旬から発売すると発表した。

ディープパープリッシュブルーメタリックY
以下リリースより

「YZF-Rシリーズ」の技術思想を反映した
インド市場向けスーパースポーツ「YZF-R15」
モデルチェンジについて

ヤマハ発動機株式会社は、150ccの水冷4ストローク・F.I.エンジンを搭載し 「YZF-Rシリーズ」の技術思想を反映したインド市場向けモデル「YZF-R15」をモデルチェンジし、2011年秋よりインド市場にて発売します。

YZF-R15は、「移動手段」としてのバイクが主流のインド市場に、「走りを楽しむ」という新しい価値観を提案するものとして2008年から発売しているモデルです。同排気量クラスとしてはインド初の本格的スーパースポーツで、「YZF-Rシリーズ」直系のボディデザイン、スポーティな走行性、快適な乗り心地、市街地での扱いやすさなどが支持されています。

今回は《Grade Up R15》コンセプトのもとにモデルチェンジを行い、現行車の基本性能を継承・進化させながら、ボディスタイリングの刷新とスポーツ走行性向上を図りました。ECU制御変更等による加速性能・高速走行性能の向上、アルミ製ロングリアアームとリアラジアルタイヤ採用、ミッドカウル及びテールまわりは高速域での空力特性向上と軽量化を図るとともに、さらにスポーティなデザインとしました。

ブラックメタリックX
ビビッドレッドカクテル1


市場背景と商品の概要

世界第2位のインド二輪市場は、年間1,200万台を超える規模で推移し、旺盛な内需に下支えされた堅調な経済成長、都市部中間所得人口の増加などを背景に、今後も継続的に成長すると予測されています。需要全体の約8割が100cc~200ccのモーターサイクル型で、残りのほとんどは125cc以下のスクーターです。モーターサイクル型の需要は20代若者層のお客様が牽引役となっており、欧州トレンドを積極的に取り入れる傾向も強く「高級志向」「ステップアップ志向」が広がり、多くの代替需要を生むとともに、スポーツバイクへの興味も高まっています。

この市場において同排気量クラスとしては初となる本格的スーパースポーツモデルとして2008年に導入の「YZF-R15」は、市街地からワインディング、サーキットまで「走りを楽しむ(Enjoy riding)こと」ができるスポーツバイクとして広く支持され、150ccスーパースポーツという新しいカテゴリーを築きました。

初代導入から2年を経て、市場からはさらにYZF-Rシリーズの雰囲気に近い洗練されたスポーティなスタイルをと、新生「YZF-R15」の登場を待つ声が高まっていました。今回のモデルチェンジではこのニーズに呼応し、スポーティな走りに磨きをかけ、ボディデザインの刷新を図るなど商品力を高め、スーパースポーツ市場をさらに牽引するモデルとして企画、開発しました。

主な変更点
(1) ECU制御変更等による加速性能、高速走行性能の向上
(2) 優れたコーナリング性に貢献するアルミ製ロングリアアーム、リアラジアルタイヤ採用
(3) 前後タイヤのワイド化による旋回性・安定性向上(前:80/90-17→90/80-17、後:100/80-17→130/70-R17)
(4) スポーツ走行でのフィット感を向上させるセパレートシート採用
(5) 高速域での空力特性向上を図る新ミッドカウル、LEDテールライト織り込み新テールカウル
(6) 軽快感を演出する新5本スポーク風キャストホイール
(7) リアアーム連動式マッドガード&サリーガード採用

■名称/YZF-R15
■発売日/2011年9月下旬
■メーカー希望小売価格/107,000インドルピー
■カラーリング/ディープパープリッシュブルーメタリックY 、ブラックメタリックX、ビビッドレッドカクテル1
■販売計画/33,000 台(発売から1年間、インド国内)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ