全長337cmで大型バイクでも安心格納。ドッペルギャンガーからビッグサイズのバイクガレージ発売中!

掲載日: 2019年07月26日(金) 更新日: 2019年07月26日(金)
カテゴリー: バイク用品  タグ:  

自転車&バイク向けに様々な用品をラインナップしているブランド「ドッペルギャンガー」から、同ブランドの人気アイテム「ストレージバイクガレージ」シリーズに、大型バイクまで収納可能なXLサイズが登場。

従来サイズと同様、特別な工具不要のカンタン組立(固定用ペグの打ち付けにゴムハンマー等はご用意を)で、愛車はもちろん工具や用品の保管も出来る余裕のロングサイズが最大のポイント。参考価格は5万6,000円(税抜き)となっている。

長期保管やストレージバイクガレージ内でのメンテナンス作業も想定され、ランタンや電灯をひっかけられるランタンフックなど使いやすさを考えた機能が追加された。簡易ガレージハウスで、夢のガレージライフはじめてみてはいかが?

もう「入らない」とは言わせない。ウルトラ級クルーザーさえ格納する「ストレージバイクガレージ」登場。

二輪車を軸にツーリングやガレージでの趣味・空間を充実させるブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」は2019年7月18日、自宅の玄関先や庭などに屋根付き駐輪スペースが簡単に作れる「ストレージバイクガレージ」において、ウルトラ級クルーザーをはじめ大型バイクを格納できるXLサイズ「DCC330XL-GY」と「DCC330XL-KH」を発売します。

ウルトラ級XLサイズの開発背景

2017年4月の発売以来、DOPPELGANGER(R)ブランドで常に売上上位を占めるバイク用簡易ガレージ「ストレージバイクガレージ」。特別な工具不要で設営できる簡便さとコストパフォーマンスの良さが、愛車の防犯やメンテナンスのためのガレージを必要とするユーザーの支持を集めています。

先行したM/Lサイズの計画段階から「車種によってはバイクが入らない」事態をDOPPELGANGER(R)では想定。十分なサイズとより良い仕様を持つXLサイズにすべく、2年の月日をかけて全長337cm、キャノピー機能を盛り込んだ製品に仕上げました。狭い場所でも駐輪スペースを確保することを目的としたMサイズ、Lサイズと比べて、ウルトラ級クルーザーでも余裕のあるサイズ設計と長期保管が前提の換気効率の良さを持つ、異なる切れ味の製品になっています。

XLサイズのブラッシュアップポイント

(1)全長337cm、大型バイクも余裕のロングサイズ
XLサイズは全長337cmのロングサイズに設計。全長の長い大型バイクも駐輪可能にしました。ガレージ内に2つのランタンフックやケーブルホールもあり、昼夜を問わずメンテナンスを行えます。

(2)キャノピー機能追加
入り口部分にグロメットを設け、市販のテントポールでキャノピーのように入り口の生地を持ち上げられる機能を盛り込みました。 通気性の向上とともに、屋根として張り出すことで、より広い日陰スペースでの作業や整備を可能にしています。

(3)その他
ベンチレーションの増設や、入り口のオープン時に生地を巻きやすくするPEボードの設置、強風対策として地面との固定力を高めるストームロープ用ループの装備など、随所に工夫を盛り込みました。 簡易ガレージの理想形を追求しています。

商品概要

■ブランド名/DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
■商品名/ストレージバイクガレージ
■型番(カラー)/DCC330XL-GY(グレー×オレンジ)、DCC330XL-KH(カーキ)
■JANCODE/4589946142457
■材質(両型番共通)/生地:ポリエステル、フレーム:スチール
■希望小売価格(両型番共通)/オープン価格[参考価格5万6,000円(税抜き)]
■サイズ・重量(両型番共通)/W160×L(D)337×H170cm・20.5kg(付属品含む)
■パイプ径/20mm
■組立て推奨人数/2人以上
■お客様組立目安時間/60分
■製品ページ
DCC330XL-GY/http://www.doppelganger.jp/product/dcc330xl-gy/
DCC330XL-KH/http://www.doppelganger.jp/product/dcc330xl-kh/

※組立ての際は、別途ゴムハンマーをご用意ください。「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」はビーズ株式会社の自社ブランドです。

お問い合わせ

ビーズ株式会社 製品サポート
TEL/050-5305-9905

リリース=ビーズ株式会社(2019年7月18日)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ