【東京モーターサイクルショー2022出展速報】ホンダブース

掲載日: 2022年03月28日(月) 更新日: 2022年03月28日(月)

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】ホンダブース メイン

3年ぶりとなった東京モーターサイクルショーが、2022年3月25(金)~27日(日)に東京ビッグサイトで開催された。ホンダブースでは前週の大阪モーターサイクルショーで世界初公開となったHAWK 11(ホークイレブン)やDax125(ダックス125)が引き続き展示されたほか、スーパースポーツからツーリングモデル、原付2種まで多彩なマシンが跨りOKな状態で展示され、大人気となっていた。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】ホンダブース 記事1

ライダースーツ姿でプレスブリーフィングに登場した、株式会社ホンダモーターサイクルジャパン代表取締役社長の室岡克博氏。「レンタルやアプリ、オンラインショップなどを提供する“Honda GO”を通じて、若年層を中心とするライダーに、積極的にバイクの魅力をアピールしていきたい」と述べた。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】ホンダブース 記事2

大阪モーターサイクルショーで世界初公開となった新型レジャーバイク、ダックス125。プレス製バックボーンフレームを採用した往年の名車「ダックスホンダ」のデザインを取り入れつつ、グロムと同系の125ccクラスエンジンを搭載。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】ホンダブース 記事3

大阪でワールドプレミアとなったホークイレブン。アフリカツインやNT1100と同系のエンジンに、FRP製ロケットカウルやセパハンを装着して、現代的なカフェレーサーに仕上げている。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】ホンダブース 記事4

アフリカツインと同系のエンジンにDCTを組み合わせ、ハーフカウルを装着したNT1100。俊足で快適なツアラーとして注目の1台だ。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】ホンダブース 記事5

ロングストロークの新型エンジンを搭載した新型スーパーカブ110。跨りOKの状態で展示されていた。キャストホイール&チューブレスタイヤやディスク化されたブレーキ、ABSを搭載するなど、大幅な刷新が図られている。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】ホンダブース 記事6

人気のクルーザー、レブルシリーズも跨りOKの状態でフルラインナップ展示されていた。写真のレブル1100はカスタマイズパーツを装着したもの。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】ホンダブース 記事7

スーパーカブ110と同様にリファインされた新型クロスカブ110。アップマフラーやリアボックスなど、カスタマイズパーツを装着した状態で展示されていた。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】ホンダブース 記事8

初代ファイアブレードであるCBR900RR(右)の登場から30周年。記念モデルとなるCBR1000RR-RファイアブレードSP 30thアニバーサリー(左)が並んで展示されていた。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】ホンダブース 記事9

レースマシンのコーナーには、2021全日本ロードレース選手権ST1000クラスのチャンピオンとなった渡辺一馬選手のCBR1000RR-Rのほか、全日本モトクロス選手権IA1クラスのチャンピオン、山本鯨選手のCRF450Rなども展示されていた。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】ホンダブース 記事10

“Business EV”コーナーでは、ベンリィe:やジャイロe:などのビジネス向け電動バイクと、共通バッテリーであるHonda Mobile Power Pack e:も展示されていた。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ