【東京モーターサイクルショー2019出展速報】キジマブース

掲載日: 2019年03月25日(月) 更新日: 2019年03月25日(月)

2019年3月22日(金)~24日(日)に開催された第46回東京モーターサイクルショー。キジマブースではカスタムマニアが気になるパーツから、今や必須アイテムとなりつつあるドライブレコーダーなどバイクライフを楽しく演出してくれるアイテムがずらりと並んだ。

注目は8年ぶりに復活した「モンダビ」。今回は市販予定のモンキー125をベースにハーレーのウルトラ風の外装を装着している。ニーズがあれば市販されるかも?

こちらも注目の『LEDシーケンシャルウインカー』。ラインナップの中でも『nano WINKER』は超小型ながら高輝度。Eマーク取得済み商品となる。

「クロスカブ110(JA45)」「スーパーカブ110(JA44)」用のカスタムパーツも揃い踏み。参考出品となるビンテージサイドバッグは女子の注目を集めていた。

最早常識となりつつあるドライブレコーダー。最新モデルとなる『A720plus』は前後2眼での撮影が可能で、昨今問題となっているあおり運転対策としても効果的だ。

テールランプは安全のためだけでなく魅せる要素として重要!キジマの『LEDテールランプキット』は対応車種も豊富なのでホームページでチェックしてみよう。

最近の車両は外付けのヘルメットロックが装備されてない物が多いが、やっぱりあると便利。取り付けも簡単なので自分のマシンに合った物を探してみてはいかがだろうか。

ちょっと昔までのグリップヒーターは太かったりスイッチボックスが別体の物が多かったが『GH10』シリーズはグリップ径32mmでスイッチ一体型。さらにスロットルホルダー一体型なので面倒な作業が軽減されるのも魅力だ。

当日はSNSへの投稿でこのキジマKISSレーシングチームオリジナルのペーパークラフトがプレゼントとなっていた。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ