【東京モーターサイクルショー2019出展速報】デイトナブース

掲載日: 2019年03月24日(日) 更新日: 2019年03月24日(日)

2019年3月22日(金)に開幕した第46回東京モーターサイクルショー。バイクパーツ&用品の総合メーカーであるデイトナブースでは、「快適・便利なバイク用品でずっと楽しいバイクライフを!」をテーマに、カスタムパーツや電装品、バッグ類、ヘルメットからバイクガレージまで、同社が取り扱う幅広いアイテムを一挙に展示していた。

高画質で旅の思い出と安全を両方残せるドライブレコーダー「旅ドラレコ」と、防水&耐震でインカム接続に対応した「モトGPSレーダー」のニューモデルを一緒に展示していた。

オリジナルブランド「ヘンリービギンズ」のバッグ類も勢揃い。このほか、同社が代理店となっているGIVIのケース類も展示されていた。

会場にはキャンプツーリングをイメージし、カスタムされたクロスカブとVストローム250を展示。特にクロスカブ用の2段式リアキャリア(参考出品)は積載能力を高めてくれる優れものだ。

美しいデザインと直感的な操作、自動再接続機能などを搭載したインカム「DT-01」も実際に試すことが可能。色鮮やかな着せ替え用フェイスパネルも目を引いていた。

2色の色彩が際立つデュアルアルマイト仕上げのプレミアムゾーンシリーズをはじめ、アルミビレットパーツも美しい輝きを放っていた。

イタリアの老舗ヘルメットメーカーNOLANの新作のほか、カーボンやアラミド繊維などを使用した同社のプレミアムブランドであるX-liteのヘルメットも所狭しと並べられ、手に取って試すことができた。

USB電源も多くの種類が展示されており、中でも注目されていたのがこのスレンダーUSB。ハンドルバーのスイッチボックス脇などに取り付けられ、スリムで邪魔にならない。

キッズ用のファーストバイクとして最適なヨツバモトには多くの親子連れが足を止めていた。電動タイプなので安心して練習することができる。

バイクガレージもベーシックタイプのほか、鋼管フレームの骨格を持ち、色やデザインで個性を出せるLODGEタイプも展示。後方にはスイス最大のオイルメーカー、モトレックスの製品も並べられていた。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ