【東京モーターサイクルショー2019出展速報】KYMCOブース

掲載日: 2019年03月23日(土) 更新日: 2019年03月23日(土)

2019年3月24日(日)まで開催中の第46回東京モーターサイクルショー。KYMCOブースでは昨年のミラノショーでワールドプレミアとなった革新的な電動スーパースポーツのSuper NEXが日本初公開された。ショー開催初日の22日(金)に行われたプレスカンファレンスではKYMCO会長のアレン・コウ氏が登場し、新しいスーパースポーツの電動化時代の幕開けとなるSuper NEXをプレゼンテーション。さらにブースにはシェアリングやデリバリーでの運用を想定した電動スクーターのワンストップソリューション「Ionex Commercial」対応モデルが展示された。

KYMCOブースは電動バイクのある未来を感じさせるような先進的デザインが採用され、多くの来場者が詰め掛けていた。

ブースの中央に展示された電動スーパースポーツ、Super NEX。イベント初日のプレスカンファレンスでは多くのメディア関係者からも注目を集めていた。

世界初となる6速マニュアルトランスミッションを採用した電動スーパースポーツ、Super NEX。操作する喜びに満ち溢れた多重音響システムが採用されたアクティブアコースティックモーターを搭載。 0-100km/hに2.9秒、 0-200km/hに7.5秒、そして0-250km/hに僅か10.9秒で到達するという。

日本初公開となるIonex commercial Agility Carry EV。管理用アプリケーションを含めた電動車のワンストップソリューションである。

KYMCOブースでは可憐な彼女たちが来場者を出迎えてくれる!

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ