【東京モーターサイクルショー2019出展速報】DUCATIブース

掲載日: 2019年03月23日(土) 更新日: 2019年03月23日(土)

2019年3月24日(日)まで東京ビッグサイトで開催されている第46回東京モーターサイクルショー。ここでドゥカティブースの注目モデルをご紹介。なんと言っても最重要モデルは昨年のミラノショーで話題を集めたパニガーレV4Rだ。ドゥカティブースの中央に展示され、一際多くの来場者の注目を集めていた。その他、モデルチェンジを果たしたディアベル1260に、ハイパーストラーダ950、ムルティストラーダ950などの要チェックモデルが目白押し。東京モーターサイクルショーは日曜日まで開催しているので、皆様ぜひ!

東京モーターサイクルショー開催初日の22日(金)10:15から開催されたプレスカンファレンスではドゥカティジャパン株式会社、代表取締役社長のマッツ・リンドストレーム氏によりパニガーレV4Rの紹介が行われた。

公道走行が可能な究極のレーシングバイク、パニガーレV4R。その心臓部には排気量998ccのデスモセディチ・ストラダーレRエンジンが搭載されている。

ドゥカティブースの中央に展示されたパニガーレV4Rは跨りもOK。これは非常に貴重な機会である。

ディアベルの第二世代となる新型ディアベル1260。改良されたシャシーとテスタストレッタDVT1262エンジンにより、キレのある走りを実現している。

マイナーチェンジが施されたハイパーモタード950。こちらは上位モデルのSPバージョンで、STDと比較してサスペンションストロークが伸ばされている。

そしてこちらがSTDモデルのハイパーモタード950。セッティングが見直されたエンジンに新型のシャシーが採用されている。なお足つき性も向上されている。

世界的な評価が非常に高い、新型ムルティストラーダ950。最先端のエレクトロニクスを満載したSバージョンもラインナップされている。

進化を遂げたスクランブー800をメインに上位モデルのスクランブー1100が展示されているイエローを基調としたスクランブラーエリアも大きな注目を集めていた。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ