【東京モーターサイクルショー2019出展速報】ホンダブース

掲載日: 2019年03月22日(金) 更新日: 2019年03月22日(金)

2019年3月22日(金)より開幕した第46回東京モーターサイクルショー。今年のホンダブースは市販予定車4台を含む20台近くがお目見え。またCBシリーズ節目の年という事もありその歴史も展示されていた。ここからはブースの模様をお届けしよう。

ホンダ史の中において重要な意味を持つ「ドリームCB750 FOUR」。1969年に世界初の量産直列4気筒OHCエンジンを搭載した車両として有名だ。奥に見えるのは「CB1000 SUPER FOUR」。プロジェクトBIG-1コンセプトの元に新しい時代のロードスポーツとして1992年に登場した。

400ccネイキッドのベンチマークとも言える「CB400 SUPER FOUR」は安定の人気だ。実はこちらのマシンも初代はプロジェクトBIG-1コンセプトに基づいて開発されていた。

こちらもおなじみ「CB1300 SUPER FOUR」。先に展示されているBIG-1(CB1000 SUPER FOUR)と比べると感慨深いものがあると思ったライダーは多いのではないか。

市販予定車である「クロスカブ110・くまモンバージョン」は女性からの人気も高かった。

市販も近づいてきた「モンキー125」は相変わらずの人気。発売日を首を長くして待っているライダーも多いのでは?

おじさん達の注目は何と言ってもこれ「スーパーカブC125(市販予定車)」。キャストホイールとディスクブレーキに時代の流れを感じる一台だ。

「CB250R(市販予定車)」はABSモデルが標準となる。現行モデルよりスプリングレートを下げた事によりシート高も5ミリダウンした事により足つき性も大幅に向上している。

今回初挑戦となるウォール展示型ブース。ブース内は次から次へと人が押し寄せ大盛況だった。

CBR1000RRを彷彿とさせるルックスへと変貌した「CBR650R」。扱いやすさが際立つ648ccの直4ユニットと過激すぎないポジションから、ツーリングマシンとして一目置かれる存在だ。

競技車両の展示ではRC213Vなど歴代のマシンがずらりと並ぶ。どれも世界の第一線で戦った名車ばかりだ。

電動二輪にとってより過酷なフィールドであるモトクロスを想定したという「CR ERECTRIC プロトタイプ」。電動化の波がすぐそこまで近づいている事を感じる一台だった。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ