フレディ・スペンサーの自叙伝「フレディ・スペンサー フィール マイ・ストーリー」がウィック・ビジュアル・ビューロウから発売!

掲載日: 2022年03月08日(火) 更新日: 2022年03月08日(火)

フレディ・スペンサーの自叙伝「フレディ・スペンサー フィール マイ・ストーリー」がウィック・ビジュアル・ビューロウから3/25発売! メイン

ウィック・ビジュアル・ビューロウから、フレディ・スペンサーの自叙伝「フレディ・スペンサー フィール マイ・ストーリー」が発売される。価格は2,200円(税10%込み)となる。

本書では、1985年に世界グランプリで250cc&500ccのダブルタイトル獲得という偉業を成し遂げたフレディ・スペンサーの少年時代から現在に至るまでの人生が綴られている。

なお、一般販売は2022年3月31日(木)となるが、2022年3月25日(金)に東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催される「第49回東京モーターサイクルショー」で先行発売される予定だ。

クラウドファンディングMakuakeで目標額の327%の支持を集めたフレディ・スペンサーの自叙伝「フィール マイ・ストーリー」が遂に発売!

二輪最高峰レース ダブルタイトルを獲得したフレディ・スペンサー

フレディ・スペンサーの自叙伝「フレディ・スペンサー フィール マイ・ストーリー」がウィック・ビジュアル・ビューロウから3/25発売! 記事1

世界グランプリ250&500ダブルタイトル獲得の偉業と、葛藤する人生を綴る。これまで語られなかった少年時代、世界の頂点、離婚、そして現在が明らかに!

■内容
ホンダを駆り世界グランプリ・ロードレースに参戦。1983年当時500ccクラスを制覇。ホンダに同クラスでの初タイトルをもたらした。21才258日の史上最年少記録は30年間破られなかった。1985年には250cc&500ccのダブルタイトルを獲得。その記録はグランプリ史上フレディだけが達成した偉業だ。

あの当時のグランプリでの舞台で何が起こっていたのか、当事者であるスペンサーによる回想録は、読者をぐいぐいとストーリーに引き込んでいく。ライダーとして頂点まで登り詰め、順風満帆にも見える人生だった。だが、本当に順風満帆だったのだろうか…。

アメリカ南部育ちのフレディ少年がバイクと出会う前、そして出会ってからの人生。チャンピオン獲得したが、彼は人生において葛藤を抱えていた。

【フレディ・スペンサーについて】
・1961年12月20日アメリカ合衆国ルイジアナ州シュリーブポート生まれ
・1980年グランプリデビュー

フル参戦開始は1982年。12レース中、優勝2回を含む5回の表彰台登壇でランキング3位を獲得。1983年ケニー・ロバーツとともに、史上最も激しいシーズンと言われた激戦を繰り広げた。最終戦まで勝敗が付かず、お互いに6勝をあげて2ポイントの差でスペンサーが初タイトルを獲得。

1985年には250ccと500ccにダブルエントリーし、結果的に両クラスでタイトルを獲得。250と500のダブルタイトルはスペンサーのみが達成した偉業。その後引退するもグランプリ復帰や鈴鹿8耐での4位入賞を経て、1995年に完全引退となった。

その後、TVコメンテーター等も務めた後、2019年からはMotoGPスチュアートパネルの委員長に就任し現在も活動している。

製品概要

■製品名/フレディ・スペンサー フィール マイ・ストーリー
■先行発売日/2022年3月25日(金)東京モーターサイクルショー
■一般発売日/2022年3月31日(木)(メーカー直販、WEB通販、バイク用品店、一部書店)
■価格/2,200円(税10%込み)
■JANコード/4938966011791
■仕様
・A5変形版/並製(ソフトカバー)
・外寸/横140mm×天地210mm
・本文/モノクロ384ページ、内16ページカラー写真
※こちらの書籍は、取次を介した書店での販売はございません。二輪用品店、インターネット等の通販での販売となります。

お問い合わせ

株式会社ウィック・ビジュアル・ビューロウ
TEL/0120-19-8195

リリース=株式会社ウィック・ビジュアル・ビューロウ(2022年3月3日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ