鎌田学による「バトラックス74GP」イベントレポート

掲載日:2009年08月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リリース = 有限会社デルタ・エンタープライズ 


8月23日(日)群馬県・榛名スポーツランドで第2回「バトラックス74GP」が開催されました。
「子供たちにバイクやレースの楽しさを知ってもらいたい」という加藤大治郎の熱い想いが詰まった素晴らしいイベントです。
イベントには、01年、03年と2度に渡り鈴鹿8時間耐久ロードレースを制した伝説のライダー 鎌田学さんも参加。その学さんからイベントレポートを頂戴しました!




以下、鎌田学さんからのレポートです!





8月22日予選、23日決勝で、ポケバイ74Daijiroの全国大会である『74GP』が群馬県にある榛名サーキットにて盛大に開催された。ブリジストンバトラックスが、冠スポンサーを勤め、多くの協賛メーカーやSHOPの出展、更には豪華ゲストライダーと共にペア組んで走る耐久レースも企画され、プロライダーと未来のGPライダー、そのご両親やポケバイ体験希望者が混じって楽しんだ。
土曜日には、プロ顔負けのスーパーポールも実施されエキスパートクラスの予選上位10人が、一周のタイムアタックで白熱したのだ。その後には、前夜祭も催され、パン食い競争やバーベキューで関係者や親子共々和気藹々の雰囲気で盛り上がった。23日の決勝では、最近MotoGPより面白い! と言わんばかりの予想以上の白熱したレース展開が各クラス随所で見られ、大声援合戦とも言えるギャラリーもレースを盛り上げた。大人クラスも過去最高17台のエントリーでプロライダーと74大人クラスレギュラーライダーが、入り混じって転倒有り、コースアウト有り、意地の張り合いとも見受けられる展開で大いに場を沸かせた。優勝は、元世界GP125クラスチャンピオン坂田和人選手、2位は全日本ST600ライダー武田雄一選手、3位は元世界GP125クラスチャンピオンであり、現オートレーサーの青木治親が表彰台に上って、未来のGPライダーに夢を見せるレースを展開した。
今大会の主催者であるデルタエンタープライズ加藤隆(故加藤大二郎の父)さんも想像以上の盛況ぶりに歓喜の表情で来年は、更に多くのエントリーを待っていると語った。

※ゲストライダー
辻本聡、高橋裕紀、鎌田学、加賀山ゆきお、青木宣篤、青木治親、坂田和人
亀谷長純、清成龍一、手島雄介、徳留和樹、山口辰也、武田雄一



過去の関連ニュース

日本GP・Moto2ワイルドカード参戦!オールジャパンで世界に挑む

日本GP・Moto2ワイルドカード参戦!オールジャパンで世界に挑む

2016年9月12日 レポート

TeamKAGAYAMAの浦本選手が2016年のMotoGP第15戦・日本GPのMoto2クラスにワイルドカード参戦!メーカーの垣根を超えて結束したオールジャパン体制で挑む

藤島康介氏『トップウGP』が『月刊アフタヌーン』7月号から連載開始

藤島康介氏『トップウGP』が『月刊アフタヌーン』7月号から連載開始

2016年4月25日 トピックス

講談社は2016年5月25日発売の『月刊アフタヌーン』7月号で藤島康介氏による新連載『トップウGP』をスタートさせる

第44回東京モーターショー2015開幕 キラリと輝く女性たち

第44回東京モーターショー2015開幕 キラリと輝く女性たち

2015年10月28日 トピックス

第44回東京モーターショー2015の各ブースでみつけた女性たちをご紹介

ノーCGエクストリーム映画 『X-ミッション』2/20全国ロードショー

ノーCGエクストリーム映画 『X-ミッション』2/20全国ロードショー

2015年12月3日 トピックス

映画『 X-ミッション 』(配給/ワーナー・ブラザーズ)が2/20全国ロードショー

あらゆる事柄をライダーにリサーチ

よく読まれているニュース

トピックスの新着ニュース

ニュースのカテゴリ一覧