【ホンダ】タンブル流強化技術により燃費向上! 海外向けスクーター「Activa125」がインドで発表

掲載日: 2019年06月14日(金) 更新日: 2019年06月14日(金)

 

ホンダのインド現地法人であるホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアプライベート・リミテッドは、2019年6月12日(水)に海外向けスクーター新型「Activa125」を発表した。

同車両はインド国内で施行される排ガスに関する新法規への対応として、吸気ポートの2層化によりタンブル流を生み出す構造のeSPエンジンを採用。PGM-FIやアイドリングストップとの相乗効果で10%の燃費性能向上を実現したという。なお、現時点では日本国内への導入等の情報は発表されていない。

世界初のタンブル流強化技術をインド生産二輪車Activa125に搭載して発売

Hondaのインドにおける二輪車生産・販売現地法人であるホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアプライベート・リミテッドは、6月12日(水)11時30分(現地時間)に、世界初(※1)となるタンブル流(※2)強化技術を搭載した新型「Activa125」を発表しました。

「Activa110」と「Activa125」で構成される「Activaシリーズ」は安定した品質とCBS等の先進技術の積極的な採用で、お客様にご好評いただき、インド市場を代表するモデルへ成長。Hondaの二輪事業の根幹を支えているモデルです。その中で「Activa125」はより商品魅力を充実させたモデルとしてお客様に支持されています。

今回、インドの排ガス新法規「BS6(バーラトステージ6)」(※3)へ対応するため、環境エンジンeSPをインドモデルで初めて採用。さらに吸気ポートに鋳造一体で隔壁を設けて二層構造とし、ポート内の逆流現象を利用することにより、新たな部品を追加することなくタンブル流を生み出す技術を世界で初めて搭載しました。タンブル流を生み出すことで燃焼効率を向上させ、PGM-FIやアイドリングストップシステムの採用などと合わせて、従来モデルに対して、燃費性能を10%向上しています。

タンブル流(空気の流れ)イメージ図

■発売時期/2019年7月(予定)
■特徴
・Hondaの二輪車として最初にBS6に対応
・PGM-FI、ACGスターターモーター、アイドリングストップシステムを採用する、新型エンジンeSPを搭載
・燃焼効率を向上させるタンブル流強化ポート
・瞬間燃費や走行可能距離を表示する新設計のメーター
・LEDヘッドライト・LEDポジションランプを採用した最新のデザイン
※1 Honda調べ。2019年6月12日(水)時点
※2 シリンダー内に発生する縦渦状の空気の流れ
※3 2020年4月以降にインドで生産される二輪車へ適用される排出ガス規制

お問い合わせ

本田技研工業株式会社
お客様相談センター
TEL/0120-086-819

リリース = 本田技研工業株式会社(2019年6月12日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ