バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

キャンペーン情報

【アプリリア】フラッグシップモデル『RSV4 RF』に2018年モデル登場

掲載日: 2018年02月16日(金) 更新日: 2018年02月16日(金)

ピアッジオグループジャパンは『アプリリア/RSV4 RF』2018年モデルの受注を2018年2月16日(金)から開始する。

エンジンは新排ガス規制(EURO4)に対応し、最高出力を本国仕様と同じ201HP/13,000 rpmとしている。また、WSBK(スーパーバイク世界選手権)で蓄積したデータがフィードバックされている最新の電子制御:APRC(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)は第4世代へと進化した。価格は275万円(税込み)で、デリバリースタートは3月中旬頃を予定している。

アプリリア2018年モデル
RSV4 RFの受注開始

ピアッジオグループジャパン株式会社は、アプリリアの究極のスーパースポーツ『RSV4 RF』(メーカー希望小売価格 2,750,000円消費税込)の2018年モデルを全国のアプリリア正規販売店のRSV4取扱店にて、2月16日(金)より受注を開始し、3月中旬より出荷を開始致します。

なお、2018年3月23日(金)に開幕する「第45回 東京モーターサイクルショー」ピアッジオグループジャパンブース(西1ホール)にていち早くご覧いただける予定です。

■アプリリア RSV4 RF 2018年モデル
・受注開始日/2017年2月16日(金)
・国内出荷時期/2018年3月中旬頃から順次
・メーカー希望小売価格(税込み)/275万円
・ボディーカラー/スーパーポール

■RSV4 RF(18年モデル)の主要装備
・TFTカラーディスプレー
・オーリンズNIXフロントフォーク
・オーリンズTTXリアショックアブソーバー
・径330mmFブレーキディスク
・ブレンボM50フロントキャリパー
・鍛造軽量アルミニウム製ホイール
・ボッシュ9.1MPコーナリングABS
・EURO4対応で、本国仕様と同じ201HPエンジン
・トラクションコントロールを含むアプリリア独自の電子制御システムAPRC
・クイックシフト(AQS)(ダウンシフトの対応)
・クルーズコントロール及びピットレーンリミッター
・前後LEDウィンカー

アプリリアの栄光のレース経験から生まれた超越的な勝利のプロジェクトの結果として、アプリリアRSV4は最高のスーパーバイクであり続けるために進化と熟成を重ねてきました。最新のオーリンズ製サスペンションシステム、新ブレーキシステム、コーナリングABSとダウンシフターを装備した新しいAPRC電子制御パッケージの採用によって、2017年モデルで大きく進化を遂げたアプリリアRSV4 RFは、2018年モデルではグラフィックを更新し、7度のスーパーバイク世界チャンピオンに輝いたシャシー構造と201HPユーロ4対応エンジンのコンビネーションで、スーパースポーツセグメントに於いての高いパフォーマンスは揺るぎない優位性を維持し続けています。

アプリリアRSV4は、わずか数年でワールドSBKを制覇し、6年間に7つ世界タイトルを獲得して、初参戦のFIMスーパーストックカップでも優勝する能力がある、革新的なプロジェクトの自然な進化です。そのチャンピオンシップは、ファクトリー仕様から派生したバイクに捧げられました。ジャーナリストに絶賛され、世界中のライダーから絶大な支持を集めたRSV4は、右に出る者のいないセグメントを代表するモデルとなり、スポーツ性とパフォーマンスの基準点となりました。短い歴史の中で54もの選手権タイトルを獲得したアプリリアが、レース部門の勝利経験を活かすことで達成した最良の事例です。サーキットで研かれ、量産車に受け継がれた技術は、アプリリアレーシングが用意したマシンと同じ興奮を誰にでも提供します。

明晰な設計と応用技術においてぬかりのないRSV4は、量産スポーツバイクではかつて無かった65°V4エンジンを中心に構想が練られました。GP250クラスにおいて143のグランプリレースを制し18のタイトルを勝ち取った名跡を受け継ぐフレームを採用し、エンジンとバイクの運動性能を制御する最先端の応用電子システムによって強化されました。ライドバイワイヤマルチマップアクセルを標準装備した初めてのメーカーであり、自己較正やウイリーコントロールといった独特な機能を持ち、最高のパフォーマンスの供給効率をそれまでにないレベルにまで引き上げたAPRCダイナミックコントロールシステムの特許を最初に取得したメーカー。これがアプリリアの真の姿です。

RSV4 RF開発にあたっての大きな目標は、初代2009年モデルから離れた別のマシンに仕立てることでした。一切の妥協を排した最高のスーパーバイクであるために、パフォーマンスと効率性の面で現行アプリリアレーシングバイクに最も近いマシンとなりました。WSBKやmotoGPといった最高峰のスプリント選手権で培った経験のおかげで、アプリリアは、新しいフルライドバイワイヤスロットルや先進のAPRCダイナミックコントロールパッケージのような技術を量産車にフィードバックすることができます。

■1秒でも速く
アプリリアRSV4 RFの開発を通しての主目的は、常に唯一つ、セグメントにおける最速のスーパーバイクになることでした。それを実現するために、アプリリアはエレクトロニクス、サスペンション、ブレーキなど、あらゆる面ですでに高いレベルにあるRSV4をリファインし、アプリリアレーシングの最高の技術を取り入れました。パワープラントに部分的な改良を加えることで、パワーと使い勝手を犠牲にすることなくユーロ4規制に適応したRSV4 RFは、従来型に比べても大きくラップタイムを縮めるでしょう。

■新型APRC:エレクトロニクスの最先端を行くアプリリアから
アプリリアRSV4 RFは、アプリリアによって設計され特許を取得したダイナミックコントロールパッケージに大幅な改良を加え、従来型ですでにトップレベルにあったものをさらに完璧に仕上げました。APRC(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)は、ワールドスーパーバイクで勝利に導いた技術から直接フィードバックされた高名なダイナミックコントロールシステムで、現在市場で入手できる中で最も完成され、洗練されたシステムです。その進化は、主としてバイクの動きを正確に検出する機能を向上させ、より効率的な電子制御をもたらす慣性プラットフォームの配置変更によって実現しました。第4世代のアプリリアAPRCの進化は、スロットルボディの余剰な電子制御関連部品をすべて排除して590gの軽量化を図った、新しいフルライドバイワイヤスロットルの素晴らしい電子制御を完全に適合させた点にあります。

■アプリリアRSV4 RFに標準装備されたAPRCには以下の機能が含まれます。
・ATC/アプリリア・トラクション・コントロール。実用的なジョイスティックによって(スロットルを戻すことなく)8段階に即座に調整可能になりました。さらにファインチューニングを加えることでより効率の高い作動ロジックを実現しています。
・AWC/アプリリア・ウイリー・コントロール。3レベルに調整可能。慣性プラットフォームの配置変更によって、新しい、より正確な動作プロセスを実現しました。ウイリーコントロールは、より実用的になった新しい左スイッチボックスによって、ATCと同様、スロットルを閉じることなく即座に調整できるようになっています。
・ALC/アプリリア・ローンチ・コントロール。サーキットでのみ使用できる機能で、3段階に調整可能。より効率的な新しい動作プロセスが採用されています。
・AQS/アプリリア・クイック・シフト。スロットルを閉じることなく、クラッチも使わずにシフト操作が可能な電子制御トランスミッションです。シフトダウン機能も備え、クラッチを使わずにシフトダウンが可能です。アクセルを開けた状態でのシフトダウン機能は他に類を見ません。
・APL/アプリリア・ピット・リミッター。サーキットのピットレーンで許されているトップスピードを選択し、その速度に制限する機能です。公道上の定められた速度制限に簡単に合わせることもできます。
・ACC/アプリリア・クルーズ・コントロール。新しい電子制御により、スロットルに触れることなく設定されたスピードを維持でき、ロングツーリングで非常に便利な、先進のクルーズコントロールシステムを導入しています。

第4世代のAPRCシステムに加えて、RSV4 RFには高度なマルチマップコーナリングABSが工場出荷時から標準装備されています。これはBoschと共同開発されたもので、公道における安全性を飛躍的に高めるだけでなく、サーキットにおける最高のパフォーマンスも約束します。軽量コンパクトな躯体に精緻な機能を組み込んだ9.1MPシステムは、横加速度、フロントブレーキレバーにかかる圧力、ロール/ピッチ/ヨー角度、減速と安定性を絶妙にバランスさせるブレーキ動作の変化など、様々なパラメーターを常にモニターする専用アルゴリズムにより、ブレーキングとコーナーでのABS介入を最適化しています。新しいABSシステムは、突発的なブレーキングによるリアホイールのリフトを抑えるアプリリアRLM(リア・リフトアップ・ミティゲーション)システムとともに機能します。アプリリア専用の指標に従って微調整が加えられたコーナリングABSは、感度を3段階に調整することが可能で、オフにすることもできます。3種類のコーナリングABSマップは、3つのエンジンマップ(スポーツ、トラック、レース)のいずれとでも組み合わせることができ、経験や技術レベルの異なるライダーが、それぞれの走行スタイルに最適な組み合わせを見つけることが可能です。

3種類のマップはすべて「フルパワー」ですが、アプリリアV4エンジンが201HPをアスファルトに伝える過程と、エンジンブレーキの作動割合に違いがあります。

RSV4の電子制御システムの総合的な改良は、これまでにない表示オプションを備えた真のデジタルコンピュータである、カラーTFTメーターによって完結します。選択できる2種類のスクリーンページ(ロードとレース、双方とも夜間およびバックライト付き昼間表示)は、多彩な表示項目に対応しています。RSV4 RFの標準装備として、Bluetoothを介して車両にスマートフォンを接続するアプリリアマルチメディアプラットフォーム、V4-MPの新しいバージョンがあります。レースで行うように、分析のためにデータをラップトップPCにダウンロード(またはスマートフォンに直接表示)し、コーナー電子セッティング較正システムによって、最も速い正確なコーナリングへ導きます。新しいV4-MPには、スマートフォンのバッテリー消費を最小限に抑える新しい接続プロトコルが追加されています。さらに、コーナーごとに電子セッティングを管理できるよう、すでにマッピングされた豊富な回路の提供に加えて、アプリリアが提供したリストにない新しい回路をユーザーが取得することも可能です。V4-MPには、スマートフォンの音声コマンドと電話の着信/発信を管理する、アプリリアがRSV4 RFで初めて導入したインフォテイメントシステムも含まれています。これらの活用は、デジタルメーターでも表示、管理されます。ユーロ4エンジン。これまでと同様の卓越したパフォーマンスイタリアンテクノロジーの珠玉ともいえる他に類を見ない特性。常に最高のスーパーバイクの創出につながったその特徴に変わりはありません。これは、アプリリアによって製造されたかつてない革命的かつパワフルな、スリムな高性能V4エンジンを搭載した、世界で初めてのフルスケール量産モーターサイクルです。極めてコンパクトなサイズと軽さにために、そして「総合」電子制御を利用するために明確に作られたエンジン。このイタリアンV4エンジンは、ユーロ4承認を達成しただけでなく、パワーと最大トルクを犠牲にすることなく(201HP/13,000rpm、115Nm/10,500rpm)、全体的な信頼性とパフォーマンスも高めています。そして、アプリリアV4エンジンの真のサウンドトラックであったその独特なサウンドも失われていません。そのパワープラントは、ダブルO2センサーと内蔵バルブを持つサイレンサーを装備したエグゾーストシステムを採用しています。2017年モデルよりエンジンECUは優れた演算能力によって最大回転数の引き上げを可能とし、これを理由にすでに必要ないとの判断から可変タイミングインテークダクトが廃止されました。この決定は、燃料システム部品を500g軽量化することに貢献しました。パフォーマンスと信頼性を向上させるために、ブローバイの作用を低減するまったく新しいセグメントの軽量ピストンを導入しました。さらに、摩擦を低減するためにコネクティングロッドヘッドにホーニング処理が追加されました。バルブスプリングは、運動負荷の高い状態での信頼性を確保するために新しくなりました。バルブは、最適化されたタイミングの恩恵を受け、パフォーマンスと信頼性が高められました。トランスミッションには、完璧なシフト操作を保証するリニアセンサーが装備されています。

■シャシー:最新鋭のブレーキとサスペンション

アプリリアは世界で最も優れたシャシーメーカーのひとつとして知られています。RSV4は、アプリリアがトップレベルの世界選手権で培った技術力の統合を象徴しています。RSV4 RF(そしてこれまでの世代のRSV4でも常に特徴となっていた)の、今もって他の追随を許さない独自性は、標準装備のシャシーが提供する類稀な調整範囲の広さです。実際にアプリリアは、フレーム内のエンジン搭載位置、ステアリングステムアングル、スイングアームピボットの高さとリアの車高をライダーが調整できる唯一のスーパーバイクです。もちろんサスペンションはフルアジャスタブルタイプです。まさに、実際のレーシングバイクのようです。RSV4のRFバージョンは、油圧およびスプリングプリロード双方の素晴らしい調整機能を持った、より洗練されたサスペンションを備えています。フォークは最新のohlins NIX ユニットで、TTXショックアブソーバーも同様です。後者はショックアブソーバー自体の反応時間を向上させる、新しいプログレッシブリンケージによって作動します。同じくohlinsから供給された、調整可能なステアリングダンパーも装備されています。RSV4 RFにおいて、アプリリアはBrembo製ブレーキシステムに最新の部品を装備しています。フロントは、より優れた摩擦係数のブレーキパッドを採用したモノブロックM50キャリパーによって挟まれる、直径330mm、厚さ5mm ステンレススチール製ディスクのペアが使用されています。

[ お問い合わせ ]
ピアッジオグループジャパン株式会社 ピアッジオコール
TEL/03-3453-3903

リリース = ピアッジオグループジャパン株式会社

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。