【スズキ】 11月からタイで中・大型バイク6車種発売へ

掲載日: 2013年09月27日(金) 更新日: 2013年12月10日(火)
この記事は 2013年9月27日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = スズキ株式会社

スズキは、タイで中・大型バイク6車種を発売すると発表した。発表の中で取り上げられているスクーターモデル、バーグマン125と同200は、欧州や北米などにも順次輸出していくという。


バーグマン200
以下リリースより
2013年9月24日

スズキ、タイで中・大型二輪車など6機種を投入

スズキ株式会社のタイにおける二輪車・船外機の製造販売子会社タイスズキモーター社(以下タイスズキ社)は、中・大型二輪車を中心とした6機種を投入し、11月より順次販売を開始することを発表した。

タイスズキ社は現在、日常の交通手段としての小型二輪車(110~125cm3)を中心に生産・ 販売を行っているが、タイの二輪車市場は、近年の所得の向上やライフスタイルの変化に伴い、趣味やレジャーとしての二輪車の需要が高まってきている。

タイスズキ社ではこれらの需要に応えるため、これまでも日本から大型二輪車の「ハヤブサ」と「GSX-R1000」の2機種を完成車で輸入して販売してきたが、ラインアップを拡充することで、拡販を図っていく。

この度投入する6機種のうち、「バーグマン125/バーグマン200」と「GW250」の3機種をタイスズキ社の工場で生産・組立し、「バンバン125」、「グラディウス650ABS」、「V-Strom650ABS」の3機種を日本から完成車で輸入して販売する。

なお、「バーグマン125/バーグマン200」は欧州、北米、大洋州など世界市場向けに順次輸出する計画である。

タイスズキ社で投入する6機種
タイ製/バーグマン125/200、GW250(3機種)
日本製/バンバン125、グラディウス650ABS、V-Strom650ABS(3機種)


GW250

VanVan125

Gladius650 ABS

V-Strom650 ABS

タイスズキ社の概要
会社名/タイスズキモーター社(THAI SUZUKI MOTOR CO., LTD.)
代表者/内田 聡
本社所在地/タンヤブリ市
設立年月/1967年3月
従業員数/約1,500名(2013年3月末)
資本金/6億735万バーツ(約15億4,900万円)(スズキ出資97.52%)
事業内容/二輪車、船外機の製造・販売
生産品目
 二輪車(110~250cm3のアンダーボーン、スクーター、バックボーン)
 船外機(2.5~20馬力の4ストロークと2ストローク)
生産実績/二輪車 約7.7万台(2012年度)

>>メーカーの詳細ページはコチラ

[ お問い合わせ ]
スズキ
お客様相談室
TEL/0120-402-253

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ