MotoGP観戦はバスで行こう!駅から便利な予約制直通シャトルバスが登場

掲載日: 2018年07月24日(火) 更新日: 2018年07月24日(火)

ツインリンクもてぎは、2018年10月19日(金)~21日(日)に開催する「2018 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第16戦MOTUL日本グランプリ」の期間中、サーキットに近い宇都宮駅と水戸駅や、首都圏の主要駅から会場に直接向かうシャトルバス「もてぎGPエクスプレス」の運行を予定している。バスの利用は事前予約制で、宇都宮駅と水戸駅からは会場までの片道ルートをワンコイン(500円)で乗車できる。また東京駅と新宿駅、TXつくば駅からも直通バスが運行予定だ。予約受付は、2018年8月1日(水)より各バス会社にて開始する。(ただしジェイアールバス関東株式会社は8月21日(火)より予約受付開始)

MotoGP日本グランプリにお得で快適な予約制直通シャトルバス 「もてぎGPエクスプレス」が登場!

もてぎGPエクスプレス4つのポイント
1.宇都宮駅と水戸駅から特別価格、片道ワンコイン(500円)のバスを運行
2.初めて水戸駅発の予約制シャトルバスを運行
3.これまでの東京駅発に加え、新宿駅、TXつくば駅からも直通バス運行で首都圏からの利便性が大幅に向上
4.予約制なので駐車場や混雑を気にすること無く着席してラクラク移動

ツインリンクもてぎは、2018年10月19日(金)~21日(日)に開催する「2018 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第16戦MOTUL日本グランプリ」の期間中、ご来場の利便性向上を目的に主要各駅からお得で快適な予約制直通シャトルバス「もてぎGPエクスプレス」を運行いたします。 この「もてぎGPエクスプレス」の運行により公共交通機関を使用してのご来場が飛躍的に向上します。
これにより、お車やオートバイをお持ちでない方、学生の方なども、お気軽にご来場いただけます。

また、よりお得にご来場いただくため、首都圏からのアクセスの主要駅である宇都宮駅と水戸駅からの「もてぎGPエクスプレス」では通常の路線バス料金よりもお得な特別価格片道ワンコイン(500円)運行を実施します。さらに首都圏から乗り換え無しでツインリンクもてぎまで直通運行する「もてぎGPエクスプレス」も東京駅に加えて、新宿駅、TXつくば駅からと路線を拡大、ご利用いただきやすいリーズナブルな料金設定としています。

「もてぎGPエクスプレス」の運行により、駐車場や混雑を気にすること無く、座席が確保され着席して会場であるツイ ンリンクもてぎまでラクラク移動ができるようになります。 事前予約は8月1日(水)から、各バス会社にて受付を開始いたします。

※ジェイアールバス関東株式会社は8月21日(火)より予約受付開始。

【昨年からの変化ポイントについて】
・宇都宮駅:もてぎ交通は毎年、予約制の直通シャトルバスを運行していましたが、今年は特別価格 片道ワンコイン(500円)運行します。ジェイアールバス関東は従来の路線バス(片道1540円・各所に停車)に加え、新たに特別価格「片道ワンコイン(500円)」予約制、直通シャトルバスを今年から運行します。
・水戸駅:昨年までは路線バス(片道1510円・各所に停車)のみでしたが、今年は新たに特別価格「片道ワンコイン(500円)」運行の予約制、直通シャトルバスを運行します。
・新宿駅:今年、新たに往復8,000円の予約制、直通シャトルバスを運行します。
・TXつくば駅:今年、新たに片道2,500円の予約制、直通シャトルバスを運行します。

【バスの運行内容】

[ お問い合わせ ]
ツインリングもてぎ
TEL/0285-64-0001(代表)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。