【東京モーターサイクルショー2018出展速報】MVアグスタ&SWMブース

掲載日: 2018年03月24日(土) 更新日: 2018年03月24日(土)

2018年3月23日(金)に開幕した第45回東京モーターサイクルショー。ここではMVアグスタとSWMのブースを紹介しよう。MVアグスタは先週開催された大阪モーターサイクルショーにもブースを出展。大阪・東京の両会場で展開されたブースは、モーターサイクルに造詣の深いファッションデザイナー、SHINICHIRO ARAKAWAがデザインを手がけたもの。ブース内には3気筒モデルを中心に新型モデルやアパレルなどをスタイリッシュに展示していた。

一方、アグスタブースに隣接するSWMブースではヘリテイジ系モデルと125のトレール&モタードモデルを展示。多くの来場者で賑わっていた。


初お披露目となったこのマシンはTURISMO VELOCE 800 LUSSOをベースに、SHINICHIRO ARAKAWAとキャラメルモータースがコラボしたスペシャルモデル “Bellezza Assoluta”。


タンク上にはスペシャルモデルならではのレタリングが入る。


専用のシートやグラフィックなどスペシャルな雰囲気満点の1台。


3気筒エンジンのスーパースポーツ、F3 RCの2018年モデル。SBK(世界スーパーバイク選手権)をイメージしたグラフィックはレース好きにはグッと来るはず。


BRUTALE 800 RR PIRELLI。MVアグスタとピレリがタイヤサプライヤー契約を結んだことで生まれた記念すべきモデル。専用シートやグラフィックを採用するほか、6インチ幅の専用リアホイールと200/55サイズの専用タイヤ(DIABLO SUPERCORSA SP)を装備する。


日本仕様ではサーキット専用のECUとSCプロジェクト製のマフラーも同梱される。


世界限定350台のBRUTALE 800 RC REPARTO CORSE。SBKカラーはブルターレにもよく似合う。


DRAGSTER 800 RC REPARTO CORSE。こちらも世界限定350台。


こちらはBRUTALE 800 RR。
SHINICHIRO ARAKAWAがデザインを手がけたブース。エントラントも超クール!


MVアグスタブースに隣接するSWMブース。SWMはエンデューロマシンのブランドとして1971年にイタリアで創業したブランド。近年はヘリテイジテイストのマシンをリリースしている。写真は国内初公開となるニューモデル、SIX DAYS。70年代のISDT(International Six Days Trial)マシンを彷彿とさせるデザインがナイス!


どの車両も跨りOK。右はSILVER VASE(400ccと440ccの2種類がある)で、左はイマドキなモタードモデルのSM125R。


SM125Rと基本構成を同一とするトレールモデルRS125R。原付2種では貴重なフルサイズトレールモデルだ。日本での知名度はまだまだのSWMだが、この機会に同社のバイクをじっくりチェックしてみてはどうだろう。

 

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。