バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

バイクブロス通販ブログ

【ヤマハ】初心者向けオフロード教室を全国で開催へ

掲載日: 2016年02月16日(火) 更新日: 2016年02月16日(火)
この記事は 2016年2月16日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = ヤマハ発動機販売株式会社

ヤマハは、「土の上を走る面白さを多くの方にお伝えしたい」との想いから、2016年も全国8会場でオフロード初心者向けイベント「YAMAHA Off-Road World RIDE on DIRT」を開催する。直近の開催は2016年3月12日(土)に開催される大阪(ライダーパーク生駒)となる。

以下リリースより
2016年2月15日


オフロード体験を通じた二輪に乗る楽しさの訴求と新規需要活性化
「~走ってみよう土の上~YAMAHA Off-Road World RIDE on DIRT」
2016年の開催について

ヤマハ発動機販売株式会社では、オフロードの楽しさを手軽に体験いただく初心者向けイベント「~走ってみよう土の上~YAMAHA Off-Road World RIDE on DIRT」を3月12日(大阪)から全国8会場にて開催します。

「YAMAHA Off-Road World RIDE on DIRT」は、WR250Rやセロー、トリッカーといったヤマハのオフロードラインアップを活用し、今までオフロードを走行したことがない方を中心にオフロードの楽しさを手軽に味わっていただく初心者向けイベントとして2011年にスタート。今年で6年目を迎え、リピーターや口コミによる参加者も増え、オフの入門イベントとして定着しています。

「土の上を走る面白さをより多くの人にお伝えしたい」という主旨の下、イベントの内容は、ライディングスクールや試乗会、エンデューロごっこ、トレッキングパーティなど、会場ごとに多種多彩。オフロードモデル所有者(メーカー問わず)はもちろん、車両や装具のレンタルも用意しているので、どなたでも気軽に参加いただけます。またインストラクターにはヤマハライダーなど安心して参加していただける顔ぶれを予定しています(会場によってイベントメニューやレンタル車両・用具は異なります)。

http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/event/report/rideondirt2015/

【イベント概要】
■名称/「YAMAHA Off-Road World RIDE on DIRT」
■内容
●ヤマハオフロードラインアップの体感&試乗
●オフロード走行の基礎体験 ※イベント詳細は会場ごとに異なります
■貸出・試乗車両
WR250R、セロー、トリッカー ※会場によってはヘルメット、胸・肘・膝パットなどの装具の貸出もあり
■インストラクター/現役&元ヤマハライダー ※会場により異なります

■日程/開催地/問い合わせ先

3月12日(土)
大阪:ライダーパーク生駒(大東市龍間1999)
西日本営業(TEL.06-6397-6161)

5月15日(日)
宮城:スポーツランドSUGO新オフロードコース(柴田郡村田町菅生6-1)
東北営業所(TEL.022-772-7071)

5月22日(日)
佐賀:フィールド佐賀大和(佐賀市大和町大字久池井)
九州営業所(TEL.092-414-7411)

6月5日(日)
北海道:栗丘ライディングパーク(岩見沢市栗沢町栗丘)
北海道営業所(TEL.011-222-6151)

6月18日(土)
埼玉:オフロードヴィレッジ(川越市東本宿100)
北関東営業所(TEL.048-449-6260)

7月3日(日)
青森:青森スピードパーク(青森市大字駒込深沢1195-3)
東北営業所(TEL.022-772-7071)

7月10日(日)
山梨:富士ヶ嶺オフロード(南都留郡富士河口湖町富士ヶ嶺466)
関東営業所(TEL.03-5713-3885)

9月25日(日)
愛知:スラムパーク瀬戸(瀬戸市余床町618)
中部営業所(TEL.052-939-1780)

10月(予定)
北海道:栗丘ライディングパーク(岩見沢市栗沢町栗丘)
北海道営業所(TEL.011-222-6151)

※2月15日現在の予定です。今後、日程・開催地が変更になる場合があります。また参加費用や申し込み方法は開催地によって異なります。各イベントの詳細や日程・開催地等は当社ホームページにて随時更新しています。ご参照ください。

>>RIDE on DIRTイベント詳細ページはコチラ

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう