【ライターコラム】40代リターンライダー「NSR250R」を買う/その12「完全ノーマルであることの価値」

掲載日: 2018年11月14日(水) 更新日: 2018年11月12日(月)
カテゴリー: 日刊バイクブロス  タグ: ,  

私が2015年に購入した1989年型NSR250Rは、完璧なノーマル車です。

私のNSRはネジ1本交換されていない無改造車。

NSRの中古車のほとんどは、社外のチャンバーに付け替えられています。

バイクブロスでもNSR用チャンバーの記事が掲載されています。(出展:バイクブロス)

私も、このノーマルNSRを手に入れたときは、社外チャンバーの購入を検討しました。ところがノーマル部品からメーカーの息吹を感じるようになったのです。
NSRの開発では1グラム単位で減量がなされたはずなのに、これをみてください。

ノーマルNSRのチャンバーとサイレンサーのつなぎ目に、10センチほどのカバー部品が付いています。走行にまったく貢献しない部品です。タンデムステップに乗せる足を守るためのものでしょうか。

タンデムステップとチャンバーの位置関係はこんな感じです。

このような部品をみつけると、私はホンダのNSR開発シーンを想像してしまうわけです。

チャンバー担当者 「ボス、この部品、本当に必要なんですか?」
開発統括者 「必要だ。この部品こそ、俺たち市販車開発者のプライドなんだ」
チャンバー担当者 「といってもNSRはレーサーレプリカじゃないっすか」
開発統括者 「だからだよ。市販車っぽい部品をつけないと、レプリカじゃなくなっちゃうんだよ」
(*この会話は私の100%想像です)

もっとすごいのは、引き出し式のタンデムステップです。89NSRは、通常状態ではタンデムステップは見えません。
タンデムステップはどこにあると思いますか。

ズームアップするとこんなボタンがあります。

「押せ(PUSH)」と書いてあるので押してみましょう。

あれれ、こんな部品が出てきたぞ。

タンデムステップは折りたたまれて収納されていました。

タンデムステップにもしっかりラバーが張られています。

いかにも「取って付けた」部品ですが、これが実にしっかり取り付けられているのです。

私は48歳なのですが、この年齢になると、こういう職人仕事がたまらなく嬉しいわけです。

ホンダNSR250Rの当時のカタログを見る

(ライター アサオカミツヒサ)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ