【編集部コラム】ハスクバーナのヴィットピレン701に惚れる理由

掲載日: 2018年04月12日(木) 更新日: 2018年04月12日(木)

シンプルさを極めたハスクバーナのニューモデル、ヴィットピレン701。「モダンクラシックの真打ち登場!」と、思わず唸りたくなるほど個人的には大好物のスタイリングだ。排気量693ccの水冷単気筒エンジンをクロモリパイプで組まれたトラスフレームに搭載したヴィットピレン701。このクロモリフレームという点にもそそられる。もちろん大排気量の単気筒エンジンというところもいい。

フューエルタンクからシート、シートカウルまでの直線的なラインがこれまた潔い。全体的にどこか懐かしい雰囲気が漂っているが、最新のスタイリングと言えば、そう見えなくもない。そのさじ加減が絶妙だ。近年稀に見るハイセンスな一台と言えよう。

ディテイルも丁寧に作られており、非常に上質なマシンに仕上げられている。なんといっても色気がある。この色気、バイクには大切な要素だと極々個人的には考えているわけで。そして価格は135万5000円。う〜ん、魅力的だ。

詳しい試乗インプレッションは以下のリンクからどうぞ!
ヴィットピレン701のインプレ記事を見る

(バイクブロス編集部 narita)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。