CB750Fも対象に!! ホンダがNSR250RやCB750Fourの旧型二輪車部品を再販売

掲載日: 2019年02月25日(月) 更新日: 2019年02月26日(火)

ホンダは供給中止となっていたNSR250RとCB750Fourの一部パーツを予約受注で再販売する「二輪旧型車部品再販売」を2017年に行ったが、この度これらのパーツを継続販売すること、また「二輪旧型車部品再販売」の新たなラインナップとしてCB750Fのパーツを追加することを発表し、2019年2月25日(月)に説明会を開催した。

これらのバイクは現在でもライダーに人気が高い車種だが、生産設備や金型の老朽化、生産ロッドの減少などで純正部品の供給が終了しているものも多く、車両の維持が難しいというユーザーからの声が上がっていたという。

そういった声に応え、2017年にNSR250RとCB750Fourの販売中止となっていた部品を、ユーザーに「永く安心して乗り続けて頂きたい」という目的でホンダが再生産することが決定。数多い供給中止部品の中から、 “ニーズの多いモノ” “安心して乗るための部品” “走るために必要な部品” “問い合わせが多く市販品で代替えがきかない部品” “外観部品” という選定理由で候補部品が選ばれ、その中から実際に再生産できるもの36点が選ばれた。

そして、2017年には予約受注で販売されたこれらのパーツが、今回一定の数を生産しその在庫が無くなるまで継続的に販売されることが決定。さらに車種ラインナップにCB750Fも加わることとなった。

2017年には予約受注で販売され、今後継続的に販売されるパーツ。

現状、CB750Fの部品は41%が販売中。59%が販売を終了しているが、その59%の中から前出のパーツ選定理由と生産可能かを考慮し、ヘッドライトケースやカムチューン、サイドカバーマークなど23点の部品が再販売となる。再販パーツのリストは以下の通りとなっている。

【CB750Fの再販売パーツリスト】

【NSR250R、CB750Four再販売パーツリスト】

【CB750F、NSR250R、CB750Four販売中パーツリスト】

NSR250R、CB750Four、CB750Fの再販部品は4月以降に順次販売開始で、詳細は2月26日(火)よりホンダのホームページにて「旧型二輪車 純正部品再販売のご案内」(https://www.honda.co.jp/bike-genuineparts/)に掲載される予定だ。

 

[ 取材協力・製品お問い合わせ ]
ホンダモーターサイクルジャパン
「旧型二輪車 純正部品再販売のご案内」Webサイト
https://www.honda.co.jp/bike-genuineparts/

リリース = 株式会社ホンダモーターサイクルジャパン

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ