バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

車両情報

イベント情報

バイクブロス通販ブログ

ブランドボイス

無限がマン島TTレースに挑む参戦ライダーの変更を発表

掲載日: 2017年05月23日(火) 更新日: 2017年05月23日(火)

リリース = 株式会社M-TEC

無限は、「2017年マン島TTレースTTゼロチャレンジクラス」に出場するTEAM MUGENのライダーラインナップの変更を発表した。2017年参戦マシン「神電 六」でTTゼロクラス4連覇を狙っていたTEAM MUGENは、ジョン・マクギネス選手とガイ・マーチン選手の2名体制を予定していたが、5月11日に北アイルランドの公道で行われたレース「ノースウェスト200」で、ジョン・マクギネス選手が予選走行で転倒。その時の負傷で今回のマン島TTレースへの復帰が難しいと判断したためだという。

ジョン・マクギネス選手に代わって「神電 六」に乗るのは、昨年のマン島TTレースTTゼロチャレンジクラスで「神電 伍」を駆りクラス優勝した経験を持つブルース・アンスティ選手。TEAM MUGENは、ブルース・アンスティ選手とガイ・マーチン選手の2名体制で改めてレースに挑むことになった。

なお、「2017年マン島TTレース」は2017年5月27日(土)~6月9日(金)の期間、イギリス王室属国のマン島で開催される。

2017年マン島TTレース
「TEAM MUGEN」ライダー交代のお知らせ

無限(株式会社M-TEC)は、2017年5月27日(土)~6月9日(金)にマン島で行われる2017年マン島TTレースTTゼロチャレンジクラス(※1)に参戦するライダーをジョン・マクギネス選手からブルース・アンスティ選手に交代することをお知らせいたします。

5月11日に行われたノースウェスト200予選走行中の転倒での負傷により、ジョン・マクギネス選手はマン島TTレースTTゼロチャレンジクラスに出場できなくなりました。無限は検討を重ねた結果、ジョン・マクギネス選手に代わって昨年のTTゼロチャレンジクラスで優勝したブルース・アンスティ選手の起用を決定いたしました。

ブルース・アンスティ選手は1999年にマン島TTレースにデビューし、これまでに11回優勝しています。2014年はTTゼロチャレンジクラスに神電で出場し2年連続で2位、2016年は神電伍で優勝した実績があります。無限は神電プロジェクトの初年度からいっしょに働いてきたジョン・マクギネス選手の1日も早い回復とマン島TTレースへの復帰を祈っています。

 

(※1)マン島TTレース(The Isle of Man Tourist Trophy Race) TTゼロチャレンジクラス
マン島TTレースはイギリスとアイルランドの間にある淡路島程の大きさのマン島で1907年から開催されている市街地、住宅街、山間部を含む1周約60kmの一般公道コースをタイムトライアル形式で走行する、現存する世界最古の高速オートバイレースである。

第二次世界大戦終結後の1947年からは世界グランプリロードレース選手権として再開され、日本の二輪メーカーやライダー達が果敢にチャレンジしたことが、今日世界に大躍進した日本の二輪産業のまさしく繁栄の基盤となった。

TTゼロチャレンジクラスは クリーンエネルギー時代の将来を見据えて2009年から新たにスタートしたカテゴリーで、CO2を排出しないクリーンエミッション 機構を動力に持つことが定められている。一般的なレシプロエンジンでのレースクラスは1レースで3周から6周するところ、 TTゼロチャレンジクラスはバッテリー性能と容量の兼ね合いから、現在1周約60kmのみのレースとなっている。

ブルース・アンスティ選手(Bruce Anstey)
■生年月日/1969年4月24日
■出身地/Wellington, New Zealand

(編集部注/写真は2016年撮影のもの)

1999年にマン島TTレースデビューし、これまでに11回優勝
2014年 TTゼロチャレンジ クラスに「神電参」で参戦し2位
2015年 TTゼロチャレンジ クラスに「神電四」で参戦し2位
2016年 TTゼロチャレンジ クラスに「神電伍」で参戦し優勝

 

「神電 六」公開テストの様子はコチラ>>

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう