【ホンダ】すご~い!「CBR250RR」がたった3日で年間販売台数超え

掲載日: 2017年04月25日(火) 更新日: 2017年04月25日(火)
この記事は 2017年4月25日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = 本田技研工業株式会社

ホンダは、2017年5月12日(金)に発売する軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」の受注が、発表後の3日間で3,714台に達したことを発表した。これは同社の掲げる年間販売計画台数3,500台を上回る受注数で、購入ポイントとして、新開発エンジンの搭載、新設計のフレームや足回りの採用に加え、デザインや「スロットル・バイ・ワイヤシステム」の採用などが挙げられている。

【バイクリサーチ】
わずか3日で年間販売計画台数突破の大人気CBR250RRを買うなら、何色?
【ニュース】
【ホンダ】すべてが新しい250ロードスポーツCBR250RRを5/12発売

CBR250RR(ヴィクトリーレッド)
以下リリースより
2017年4月25日

「CBR250RR」の受注状況について

4月18日(火)に発表した軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」のHonda二輪車正規取扱店からの受注状況は、発表後の3日間で年間販売計画台数3,500台を上回る3,714台(4月21日時点)と、好調な立ち上がりとなりました。

CBR250RRは「直感、体感、新世代”RR”」を開発コンセプトに、スタイリングデザイン、車体、パワーユニットのすべてを新設計。スロットルグリップの開度を電気信号を介して伝達する「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を250ccクラスで初めて※採用するなど、新世代の軽二輪スーパースポーツモデルとして、20代から30代の男性を中心に、高い支持を得ています。Honda調べ(2017年4月現在)

■購入ポイント
・力強さと速さを直感させる独自の存在感を放つスタイリングデザイン
・扱いやすく力強い出力特性の新開発の直列2気筒250ccエンジン
・卓越した動力性能を余すことなく引き出せる新設計のフレームや足回り
・250ccクラスで初となる「スロットル・バイ・ワイヤシステム」の採用
■タイプ別構成比
スタンダードタイプ 51%
ABS搭載タイプ 49%
■車体色別構成比
マットガンパウダーブラックメタリック 45%
ソードシルバーメタリック 16%
ヴィクトリーレッド 39%

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ