【トライアンフ】 冒険者決定!タイガーエクスプローラーツアー

掲載日: 2012年02月29日(水) 更新日: 2013年12月11日(水)
この記事は 2012年2月29日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

取材協力 = トライアンフ ジャパン株式会社   取材・写真・文 = 河野正士

トライアンフの最新モデル/タイガーエクスプローラーに乗り、モロッコを中心とした12日間の冒険ツアーに出掛ける『真の冒険者は誰だ?キャンペーン』。昨年末から年始にかけ世界中から冒険者を募っていたが、その日本代表が決定した!

日本代表として『真の冒険者は誰だ?キャンペーン』に参加する玉岡さん。
急激にトライアンフの魅力に取り憑かれた人物だ。

モロッコを駆ける12日間
その冒険を多くの人と共有したい──玉岡詳悟さん

(以下、レポート)

この幸運を射止めたのは玉岡詳悟(たまおかしょうご)さん。兵庫県で製造業を営む49歳だ。インターネットの記事でタイガーエクスプローラーを知り、そのマシンに乗るんだと心に決めたモノの、当時日本では、発売時期もマシン詳細も分からず、その気持ちを落ち着かせるようにタイガー1050、デイトナ650、スプリントSTと、つぎつぎとトライアンフモデルを手に入れたという。

しかし二輪免許を取得したのは今年1月。ほんの少し前まで、バイクとは無縁の生活を送っていたそうだ。

「阪神淡路大震災、そして東日本大震災の救助活動や支援活動で、バイクの機動力が実証されたという記事をたくさん目にしました。そこで有事に備えてバイクの免許を取ろうと考えました。でもいつ起こるか分からない有事に備え続けるのは大変です。だから楽しく安全にバイクに乗りたいと思いました」

そこで出会ったのがタイガーエクスプローラー。どこに魅力を感じたのだろうか。

「何台か大型ツアラー系モデルが気になっていましたが、タイガーエクスプローラーを見た瞬間、すべてが吹き飛びました。獰猛なスタイリングがとにかく格好良かった。力強い雄のニオイとでも言いますか…他のトライアンフモデルとも違いました」

この冒険ツアーをトライアンフとともに企画したのは、モーターサイクル専門の旅行会社として知られる/エーデルワイス社。なかでも走り応えがあるルートと美しい景色を堪能できるアドベンチャーツアーのコーディネイトには定評がある。そのツアーに向け、玉岡さんはその意気込みをこう語った。

「免許を取ったばかりの私が冒険ツアーを走りきれるかどうか不安もあります。でもこんなチャンスは二度とないはず。だから思いっきり楽しんできたいと思います。そこでの体験をより多くの方と共有することで、新しいことにチャレンジしたいと思っている同年代の方々が一歩踏み出すきっかけになればと思います」

ツアーがスタートするのは3月9日。スペインの南にあるマラガから地中海を渡り、北アフリカのモロッコがその舞台となる。北はアトラス山脈から南はサハラ砂漠の縁までを走る誰もがうらやむ至高のルート。タイガーエクスプローラーを相棒に、トライアンフブランドがコーディネイトした最新の純正ライディングギアに身を纏い、そのルートを走る。

[ お問い合わせ ]
トライアンフコール
TEL/03-5330-7447
(正規販売店のご案内、カタログ請求)

カタログ無料請求はコチラから >>

「家族全員で応援してます」と奥様。
玉岡さんは自身の免許取得にあわせ、家族や会社の従業員にも二輪免許取得を勧めた。
製造業を営む玉岡さんにとって、のめり込める工業製品に触れることは、大切なことだと言う。

愛車のタイガー1050。タイガーエクスプローラーとは違い、しなやかなボディラインが気に入ったのだという。
出発前までジムカーナやオフロードの練習を重ねる予定だ。

玉岡詳悟(たまおかしょうご)さん1962年生まれ。兵庫県在住。
タイガーエクスプローラーに乗りたくて二輪免許を取得。
将来はオフロードテクニックを磨き、またサーキット走行も体験したいという。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ