【大阪MCショー2017出展速報】ヤマハブース

掲載日:2017年03月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
取材・文=バイクブロス・マガジンズ編集部 写真=木村圭吾

2017年第33回大阪モーターサイクルショーのヤマハブース速報レポート。ようやく日本上陸を果たした近未来的な造形が特徴のMT-10や、ネオレトロなスタイルを提唱するFASTERSONS展示モデルなど、さまざまなスタイルの車両が多彩な輝きを放っていた。

OMCS2017YAMAHA
ニューモデルが続々と発表されたこともあり、ヤマハブースは排気量を問わず大盛況!


OMCS2017YAMAHA
大きなブーススペースが来場者でびっしり!


OMCS2017YAMAHA
「ヤマハモーターサイクルの熱き魂を接ぐ者」の意味を持つ「FASTERSONS」ゾーンにはネオレトロスタイルが並ぶ。


OMCS2017YAMAHA
2017年モデルとなりルックスがアップデートされたMT-09。


OMCS2017YAMAHA
上位モデルMT-10のデザインを継承するフロントビューを手に入れた。


OMCS2017YAMAHA
フェンダーレスになりリアビューも一新。


OMCS2017YAMAHA
MTシリーズの旗艦モデルとなるMT-10がついに日本に登場!


OMCS2017YAMAHA
なんといってもこのフェイス。マシンというよりロボといった印象。思っていたよりタレ目?


OMCS2017YAMAHA
R1のアルミ製デルタボックスフレームをベースにした新フレームに包まれるのは排気量997cc、水冷直4のエンジンユニット。


OMCS2017YAMAHA
こちらは初公開のSCR950(市販予定車両)。ボルトCスペックのエンジン・車体に専用リアフレームを装着したスクランブラーテイストのモデルだ。


OMCS2017YAMAHA
ほぼシート下に設定されたリアサスの取り付け位置が特徴的。


OMCS2017YAMAHA
FASTERSONSを表現したXSR900。往年のヤマハテイストが感じられる。

過去の関連ニュース

あらゆる事柄をライダーにリサーチ

よく読まれているニュース

トピックスの新着ニュース

ニュースのカテゴリ一覧